アメリカ合衆国への永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

アメリカ合衆国への永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
アメリカ合衆国の永住・海外移住

アメリカ合衆国は、は、50の州および連邦区から成る連邦共和国。首都は首都ワシントンD.C.。

太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有し、985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位です。

日本語での漢字表記は「亜米利加」で、通称「米国」「米」と略されますが、「米」という文字が使われる理由として、「アメリカン」のアクセントが「ア」ではなく「メ」にあったため、幕末期の人たちは最初の発音を聞き取ることが出来ず、聞き取った「メリケン」を漢字で「米利堅」と表記。当て字の最初の一文字から、「米国」「米」という通称が定着したと言われています。

アメリカ合衆国の基本情報

アメリカ合衆国への永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にアメリカ合衆国に住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 323142000
面積(平方km) 9628000
人口密度 33.7
通貨 USドル
通貨単位 USD

日本とアメリカ合衆国の物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、アメリカ合衆国への移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 0.2USD 24円 24円 99.2
牛乳(1L) 1USD 119円 218円 54.6
牛肉(1kg) 15USD 1726円 2620円 65.9
豚肉(1kg) 9.7USD 1154円 2260円 51.1
鶏肉(1kg) 7.3USD 869円 1350円 64.4
じゃがいも(1kg) 1.9USD 226円 316円 71.6
トマト(1kg) 4.9USD 583円 673円 86.7
オレンジ(1kg) 4.8USD 571円 498円 114.7
米(1kg) 4USD 476円 396円 120.2
小麦(1kg) 1.7USD 202円 237円 85.4
ビール(350cc) 1.1USD 131円 189円 69.3
コーラ(350cc) 0.6USD 71円 66円 108.2
ビッグマック(1個) 4.8USD 571円 401円 142.5

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) 1.8USD 214円 210円 102
タクシー(初乗り) 3USD 357円 730円 48.9
電話(公衆電話/1分) 0.5USD 60円 20円 297.6

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ 220USD 26184円 48810円 53.6
乗用車 16950USD 2017389円 3117431円 64.7
ガソリン(1L) 0.6USD 71円 132円 54.1

アメリカ合衆国の永住者数

アメリカ合衆国への永住を考えている方は、現在、アメリカ合衆国にどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 247697
永住者数(人) 164942
在留日本人総数(人) 412639

【体験談】アメリカ合衆国の治安は良いの?悪いの?

アメリカ合衆国に住んでいる方の声

の治安や評判

ワイキキから車もしくはバスで30分ほどいった場所にある、品のある住宅街となっており、きちんと整備された区画に大きな一軒家が並んでいます。ホームレスは一度も見たことがなく、ヤンチャしそうな若者の姿も見当たりませんでした。そのため、治安はとても良く感じました。夜は静かで、各家庭に明かりがつき、のんびりとしたような時間が流れていました。

-ハワイの治安について-

の治安や評判

普通の生活をおくる(ショッピングや学校に通う)には、全く問題はなく、怖い思いをするようなこともありませんでしたが、アメリカの他の都市と同じように、低所得層の人達が集まっている地区や集落に立ち入るのは避けた方がいいと思います。
地下鉄やバスなどの公共機関を利用するのも清潔で快適でした。
博物館が集まっている中心地は、落書きなどもあまりなく、ゴミも落ちていませんでした。

-ワシントンの治安について-

の治安や評判

大学時代に住んでいたため、周りに学生が多くいる環境にいましたが、夜などは一人で出歩かないようにしました。ダウンタウンは、必ず3−4人、女性と男性の組み合わせで出かけていました。路上生活している人たちも多いダウンタウンは、あまり治安が良いとは言えません。少し郊外に行くと住宅街ばかりになり、アジア人の街もあるので、安心です。日中も、ダウンダウンへは一人ではいかないようにしました。事件などはあまり聞かなかったので、治安的にはさほど悪くはないと思います。

-ロサンゼルスの治安について-

の治安や評判

地域にもよりますが、貧困層が住んでいるダウンタウンは非常に危ないです。特にロサンゼルスダウンタウンの南側に位置する地域は90年台に暴動もあり、絶対に入っては行けない地域と私は断言します。一度、高速道路が閉鎖でその地域を通らざる得ないことがありましたが、信号停車中に石と卵を投げられ、車体に投石で傷が入りました。ギャングがいることも多く、車を囲まれこじ開けられた方もおりますので、極力避けるべき地域と思います。 郊外は富裕層が多いので、女性のジョギングしている姿も見受けられますが、大都市ならではで色んな人種が住んでおり、やはり一人で動くには恐怖を感じることが多い街でした。

-ロサンゼルスの治安について-

の治安や評判

シアトルから車で2時間ほどの距離にあるワシントン州の山町です。高齢者の住人割合が非常に高く、のほほんとした自然あふれる街のため、治安は非常に良いです。昼夜問わず誰かに襲われたり、被害にあったいう話はほとんど聞いたことがありません。ダウンタウンも遊び場は少なく、ボウリングやバーでお酒を飲む程度で若い人たちが多いですが、出かけられないことはなく過ごしやすい街だと思います。

-マウントバーノンの治安について-

の治安や評判

観光地のため治安は良い方ですが、やはりアメリカなので銃の発砲事件も起きています。大きく報道されることは少ないですが暴力事件もあるので、観光地ではあっても夜中に人通りの少ない通りを歩いたり、一人で外出するのは避けた方がいいです。また、ダウンタウンやチャイナタウンは、ワイキキなどに比べると少し治安が悪くなるため、注意が必要です。

-ホノルルの治安について-

の治安や評判

夜の一人歩きを注意した方が良い場所を最初に教えてもらっていたので、その場所には近づかないように過ごしました。全体的に学生が多い街なので、安全な街です。夜中のチャイナタウンなどは、女性一人では危なくはないですが、やはり一人以上、できたら男性も一緒に歩いた方が安心です。日中は、学生がワイワイしている場所なので、一人で電車、バスも安心な街です。

-ボストンの治安について-

の治安や評判

治安の良い地域(街の北部)と良くない地域(街の中心から少し東より。スラム街)があるが、米国全体から見たら良いほう。地元の新聞には毎週「犯罪発生場所」を示す地図が掲載されるが、窃盗・強盗が多く、殺人はまれ。いずれにせよ「地図に掲載できる程度の数の犯罪しか発生していない」というのが、地元の人の自慢である。

-フロリダの治安について-

の治安や評判

古くは映画「ロッキー」の舞台だった都市ですが、治安は悪かったです。10年ほど前ですが、私は留学して学生として暮らしていました。1年目の初めの3か月ほどは大学の寮に入っていました。寮の隣には一般のアパート(確か、7~8階建て)が建っていました。ある日、同じフロアの友人たちとキッチンで料理をしていると、夫婦喧嘩のような男女が争う声が聞こえた後、「ズキューン!」という大きな銃声と女性の悲鳴が聞こえました。食事をしていた私たちが凍り付いたのはいうまでもありません。友人たちと私は翌日、新聞やニュースをチェックしていましたが、隣のアパートで殺人や傷害事件があったというニュースを見つけられませんでした。おそらく、発砲程度は日常茶飯事のアパートだったのでしょう。それからもう一つ。我々の寮から徒歩2~3分のところにあったコンビニには、3か月の間に何度か強盗が入っていました。とても恐ろしい街でした・・。

-フィラデルフィアの治安について-

の治安や評判

田舎だしそこまで大きな都市ではないので、人々もゆったりしているし知ってる人も多く、基本治安は悪いわけではないですが、夜のダウンタウンは比較的悪い気がします。不審者や浮浪者も見かけたり、私が住んでいた時には指名手配の不審者が発砲されたこともありました。基本夜はうろつかないようにしたり、出かける場合は車を利用したりしていました。住んでいたところはダウンタウンから歩いて10分ほどのところでしたがやっぱり夜は少し怖い雰囲気でした。ハワイとは言えアメリカなので安心はできませんでしたが、住んでて心地よかったし自然がいっぱいでとても大好きな場所です。なので気を付けていれば大丈夫だと思います。

-ハワイの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア