アメリカ合衆国への永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

アメリカ合衆国への永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
アメリカ合衆国の永住・海外移住

アメリカ合衆国は、は、50の州および連邦区から成る連邦共和国。首都は首都ワシントンD.C.。

太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有し、985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位です。

日本語での漢字表記は「亜米利加」で、通称「米国」「米」と略されますが、「米」という文字が使われる理由として、「アメリカン」のアクセントが「ア」ではなく「メ」にあったため、幕末期の人たちは最初の発音を聞き取ることが出来ず、聞き取った「メリケン」を漢字で「米利堅」と表記。当て字の最初の一文字から、「米国」「米」という通称が定着したと言われています。

アメリカ合衆国の基本情報

アメリカ合衆国への永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にアメリカ合衆国に住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 323142000
面積(平方km) 9628000
人口密度 33.7
通貨 USドル
通貨単位 USD

日本とアメリカ合衆国の物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、アメリカ合衆国への移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 0.2USD 24円 24円 99.2
牛乳(1L) 1USD 119円 218円 54.6
牛肉(1kg) 15USD 1726円 2620円 65.9
豚肉(1kg) 9.7USD 1154円 2260円 51.1
鶏肉(1kg) 7.3USD 869円 1350円 64.4
じゃがいも(1kg) 1.9USD 226円 316円 71.6
トマト(1kg) 4.9USD 583円 673円 86.7
オレンジ(1kg) 4.8USD 571円 498円 114.7
米(1kg) 4USD 476円 396円 120.2
小麦(1kg) 1.7USD 202円 237円 85.4
ビール(350cc) 1.1USD 131円 189円 69.3
コーラ(350cc) 0.6USD 71円 66円 108.2
ビッグマック(1個) 4.8USD 571円 401円 142.5

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) 1.8USD 214円 210円 102
タクシー(初乗り) 3USD 357円 730円 48.9
電話(公衆電話/1分) 0.5USD 60円 20円 297.6

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ 220USD 26184円 48810円 53.6
乗用車 16950USD 2017389円 3117431円 64.7
ガソリン(1L) 0.6USD 71円 132円 54.1

アメリカ合衆国の永住者数

アメリカ合衆国への永住を考えている方は、現在、アメリカ合衆国にどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 247697
永住者数(人) 164942
在留日本人総数(人) 412639

【体験談】アメリカ合衆国の治安は良いの?悪いの?

アメリカ合衆国に住んでいる方の声

の治安や評判

ワシントンDC全体では犯罪の発生率が多いため、治安は良くない。住んでいたのは比較的治安がいいと言われる北西部だったので、危険な目に会うことはなかった。ただ、北西部でも区画によっては昼間から酔っ払いやホームレスがうろついているところがあった。南東部は治安が悪いから行かないように現地の人から言われたので近づかなかった。

-ワシントンDCの治安について-

の治安や評判

アメリカで代表する大都市ですが、郊外と都市部のゲトーに分かれております。郊外の富裕層の住む地域は比較的安心して住むことが出来ます。コミュニティがしっかりしており、パトカーの巡回も多く、ランニング等一人出かけられる場所も多くあります。方やダウンタウンを中心としてヒスパニック、黒人系の多い場所は非常に危険です。特にダウンタウンの南部に位置する地域(ワッツ地区)は例え赤信号でも止まっては行けないと言われます。そこではギャング抗争、ドラック売人、強盗、殺人が多い地域ですので決して日本人は立ち入ってはならない地域です。アメリカでは落書きが多い場所がゲトーと呼ばれそれで判断されると街の雰囲気が理解できると思われます。

-ロザンゼルスの治安について-

の治安や評判

治安の悪いエリアは、本当に危険です。危険エリアでは、赤信号で止まるのもやめた方が良いレベルです。ゴミが多かったり、見た感じ明らかに危険だとわかります。
観光地でもあるので、ハリウッドや、サンタモニカ、ベニスビーチ等は人も多く、安全だと思います。
危険エリアに行かない限り、日常生活は普通に安全に暮らせました。

-ロサンゼルスの治安について-

の治安や評判

ラスベガスの中で、ダウンタウン、北はホームレスが寝泊まりをしていて、何か大事な用がない限り行かないようにしています。異様な雰囲気がしていて、その場所に行くと、緊張が走るくらいです。住宅街は安全ですが、安心もできません。ほとんどの家庭はセキュリティシステムを入れています。セキュリティシステムがあるかラスベガス少しは安心ですが、それでも強盗に入られ、テレビ、コンピュータ等
高価な物を短時間で盗まれた友人もいます。訪れる場所を選び、所持品に気をつけて、周りの雰囲気をちゃんと察して出来るよう、気をつけなければ行けません。

-ラスベガスの治安について-

の治安や評判

ボストン郊外の住宅地で、治安は非常にいいです。
近隣住人同士の交流が密接なので、普段見ない人は目立ちますし、子どもたちの安全についてもお互いに監視し合っている雰囲気があり、安心して生活することができます。
緑の多い住宅地ですが、犬の散歩やウォーキング、ランニングをしている人もいるため、夜間でも女性一人で散歩しても不安はありませんでした。

-マサチューセッツ州の治安について-

の治安や評判

サーフィンを本気でやりたくて移住したことがあります。治安はとてもよく、事件に巻き込まれたことはありません。しかしながら、旅行者を狙った詐欺まがいなことをする人や、女性観光客を狙ってお酒を飲ませてよからぬ行為をする人は居ます。住んでいる人は、恰好や活動エリアも異なるので無縁のことではあります。日本と同じくらい治安はいいと思います。

-ホノルルの治安について-

の治安や評判

ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学がある、落ち着いた学問の都市です。日本ほど治安はよくないですが、ニューヨークに比べると雰囲気が格段に落ち着いています。街並みもきれいで、ガラの悪い人はあまり見かけません。今は分かりませんが、数年前はアジア人があまりいなかったので、子どもにジロジロ見られたりということはありました。

-ボストンの治安について-

の治安や評判

住んでいた住宅街は、ごく普通の家並みで特に高級感があるという訳ではないが治安は日本と同じくらいいいと思います。街に出れば、ボストン大学や、ハーバード大学などがあり観光地にもなっています。周りには緑が多く、広大な公園もあって、休みの日はファミリーが集いとても雰囲気の良い街である。田舎と都会が程よくあり住みやすい街です。

-ボストンの治安について-

の治安や評判

非常に発展した場所だと感じました。世界を代表する企業がたくさんあり、人種の多様性にもとんでいました。スーパー等での物価は多少高く感じました。また、発展している一方で、夜間の治安は場所によってはあまり良くないようでした。特にバスを含む公共交通機関では、絡まれることもしばしばあり、身の危険を感じました。

-ベルビューの治安について-

の治安や評判

フロリダのフォーとローダーデールというところに住んでいましたが、そこまで貧困の差はなく、ビーチが沢山あるところなので観光地と言う事も有り、リゾートホテルやモーテルが沢山有りました。地元のショッピングセンターも雰囲気が良く、日本人である私に良くしてくれるスタッフの方もいましたし、日本人経営の日本食レストランでアルバイトしていたので、送迎もしてくれて夜にひとりで出歩く事はなく、危険を感じる事はなかったですが、ビーチからバスではなく歩いて帰ったときにメキシカンの集落に踏み入れてしまい、スペイン語が全くわからない上に、英語も理解してもらえず大変な思いをした事が有りました。

-フロリダの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア