台湾への永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

台湾への永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
台湾の永住・海外移住

台湾の基本情報

台湾への永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際に台湾に住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 23539816
面積(平方km) 36193
人口密度 650
通貨 ニュー台湾ドル
通貨単位 TWD

日本と台湾の物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、台湾への移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 7.5TWD 26円 24円 109.9
牛乳(1L) 75TWD 264円 218円 121
牛肉(1kg) 590TWD 2074円 2620円 79.2
豚肉(1kg) 320TWD 1125円 2260円 49.8
鶏肉(1kg) 230TWD 809円 1350円 59.9
じゃがいも(1kg) 69TWD 243円 316円 76.8
トマト(1kg) 175TWD 615円 673円 91.4
オレンジ(1kg) 89TWD 313円 498円 62.8
米(1kg) 94TWD 330円 396円 83.5
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) 28TWD 98円 189円 52.1
コーラ(350cc) 18TWD 63円 66円 95.9
ビッグマック(1個) 79TWD 278円 401円 69.3

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) 15TWD 53円 210円 25.1
タクシー(初乗り) 70TWD 246円 730円 33.7
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

台湾の永住者数

台湾への永住を考えている方は、現在、台湾にどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 15054
永住者数(人) 1743
在留日本人総数(人) 16797

【体験談】台湾の治安は良いの?悪いの?

台湾に住んでいる方の声

の治安や評判

女子が一人で夜間外出をしても、基本問題ない安全性があります。道端で困っていると、声をかけて助けてくれる人もいます。一部治安の悪い地区があります。若者の街である西門や、夜市が行われている場所、市場などでは、華美な服装で行くのは避け、スリにも注意が必要です。若者の集うクラブでは、麻薬汚染の噂も聞きます。また留学生を狙った恋愛詐欺などの事案も聞きます。

-台北の治安について-

の治安や評判

日本と同じくらい治安はいいと思います。繁華街を除き、飲食店は21時頃に閉まる店が多いですが、夜市などもあり、遅くまで明るく人通りも多いです。夜市など人混みではスリもいるようですが、自分を含め周りの人にもスリにあったことがある人はいません。日本と違う点で言えば、飲食店で席を確保するためにバックなどを置きっぱなしにすることはやめた方がいいと現地の友人に注意されたので、その点は注意が必要です。

-台北の治安について-

の治安や評判

治安は良好です。昼間に治安面で怖い思いをしたことはありません。夜は台北市内の至るところに夜市があり、日本の夜よりも人通りが多く賑やかです。台湾では外でお酒を飲む人はとても少ないので、酔っぱらいに絡まれるなどお酒関係のトラブルもあまりない印象です。ただナンパ目的で話しかけてくる人と遭遇したことがあるので、その点は注意が必要です。

-台北の治安について-

の治安や評判

治安はほとんど日本と変わらず、夜も一人で出歩くことが出来ます。しかし、日本と比べて街灯が少ないところもあるのでなるべく暗い所や路地、地下道は夜間は使わないようにした方がいいです。人が集まるところでは、スリには気を付けた方が良いです。おつりも、特に屋台のようなところでは、きちんと正確にもらったか確認はした方がいいと思います。また、事故が日本より多いように感じます。運転手は歩行者優先という概念がないと思って車やバイクとの接触には気を付けた方が良いです。

-台北の治安について-

の治安や評判

日本レベルで治安がいい。もし電車の中で、携帯を持ちながら寝てしまっても取られることが基本的にありません。しかし、交通道路関係はちがいます。基本的に、人よりも車が優先なので気を付けないと観光客として台湾にくる日本人の方は気を付けないとすごく危険です。あと、夜市は人が多すぎるので少し気を付けないと物がとられるなどのことも時々あります。

-台北の治安について-

の治安や評判

日本に比べると交通は乱れているので、道を歩いていてちょっとヒヤっとすることもありますが、人々は優しく外国人に対しても親切なので、その点は日本より安心して暮らせるところだと思います。ただ、道端に障害者の物乞いの人がいたり、物売りの人もたまに見かけます。タクシーも昔は危険だと言われていたようですが、今は流しのタクシーに夜中に乗っても安全です。

-台北の治安について-

の治安や評判

日本の都市部と変わりません。夜中に半袖サンダル姿でコンビニに歩いて行って何事もなく帰宅できます。日本と比べバイクが多く走っているので細い路地でも注意が必要です。ひったくりの度合いも日本とさほど変わりはないです。大きく異なるのは、誘拐ビジネスが存在することです。庶民には関係ないかもしれませんが、裕福な方は身辺警護をした方がいいです。

-台北の治安について-

の治安や評判

台湾人は温暖な気候のせいもあってか、日本人からするとのんびりしています。外国人に対しても友好的で、特に親日国ということもあり、国籍が違うという理由で嫌な思いをさせられたことは一度もありませんでした。路上で道を聞いて、こちらが中国語を話せないとわかるとそこまで連れて行ってくれる親切な人が多いです。夜になると夜市でにぎわい人通りも絶えないので、安心して歩けます。ただスリが多いのでバックはチャック付きのものが必須です。

-台中の治安について-

の治安や評判

地下鉄はきれいだし、バスも本数が多く特に怖いと感じたことはありません。
夜はよく夜市へ行っていましたが、活気があってとても楽しいです。ただ現地の方からは人込みでは「スリに気を付けて」と良く言われていました。タクシーにも昼・夜とも特に問題なかったですが、やはり現地の方から「あまり知らない会社のタクシーには乗らないように。特に夜間は降りる場所も考えてね。」と注意を受けました。近所のコンビニぐらいなら、問題なく出かけてられます。

-高雄の治安について-

の治安や評判

夜遅くまで子供達が出歩けるほど治安が良い街である。(そもそも夜型の国である。)

また、日本人だからといって、ぼったくりの対象になったりすることもない。

ただ、交通マナー(車、バイク)については多少悪いので注意する必要がある。

例えば、赤信号でも歩行者がいないと思えば止まらない場合があり、気を付けたほうが良いだろう。

-台北の治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア