フランスへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

フランスへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
フランスの永住・海外移住

フランスの基本情報

フランスへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にフランスに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 62814233
面積(平方km) 551500
人口密度 113
通貨 ユーロ
通貨単位 EUR

日本とフランスの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、フランスへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

フランスの永住者数

フランスへの永住を考えている方は、現在、フランスにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 25744
永住者数(人) 6835
在留日本人総数(人) 32579

【体験談】フランスの治安は良いの?悪いの?

フランスに住んでいる方の声

の治安や評判

パリでもエリアによって治安は様々です。パリの北方面(モンマルトル周辺)はとても治安が悪いです。人種差別をしているわけではありませんが、黒人やアラブ系の人たちが多く暮らす街で、必要以上にお金を求めてきたり、無理やり手を引っ張られミサンガや何かわからないものを手につけてきたりしてきます。それをつけられるとお金を要求してきますよ。
反対に日本人街(オペラ周辺)、マレ地区何かはメディアが報道しているイメージのパリなので、安全ではありませんが、まだ平和に感じます。

-パリの治安について-

の治安や評判

区によって全く治安が異なります。パリ中心部、パリ西部は比較的治安がいいですが、パリ北部、東部、東南部は移民も多く、夜などはスリや強盗なども多発しています。メトロ内は子供のスリもいます。主に観光客が狙われます。レストランやカフェで椅子やテーブルに鞄を置いておくと、いつの間にかなくなっているというトラブルもあります。スリや置き引きに気を付けていれば、日中の散歩や観光、ショッピングは危険ではありません。

-パリの治安について-

の治安や評判

パリの治安は決して良いとは言えません。 犯罪発生率で言えばアメリカの大都市かそれ以上と言えるでしょう。 私が住んだのは15年ほど前の話ですが、状況は大して変わっていないと思います。 ただ、強盗殺人が比較的少ない代わりに空き巣、スリ、ひったくりの類は非常に多いです。 特に日本人観光客は(世界中どこでもそうですが)絶好のカモなので、身の回り品に対しては細心の注意を払うべきでしょう。 ブランド品を持ち歩くなどもってのほかだと思います。

-パリの治安について-

の治安や評判

日本と比べれば、少し危ない区域もあるとは思いますが基本的には安全です。夜遅くに女性一人で歩くというようなことさえさければ大丈夫だと思います。ただ、ちょっとした盗難というのはあるので、海外にいるという意識だけは失わないように、身の回りの貴重品に関して必要最低限の警戒はしておくようにすることは必須だと思います。

-ボルドーの治安について-

の治安や評判

観光地に関してはさほど治安は悪くありませんが、やはり夜になると押し売りや、物乞いが増えますし、スリも多発しています。近年は定期的に暴動やテロのニュースも聞くようになり、益々治安の悪さが目立ちます。日中に行動する分には特に注意をする必要もないですが、駅等はあまり治安はよくありません。電車内ですら落書きが目立ちます。

-パリの治安について-

の治安や評判

私が住んでいたのは2014年までなので、現在の治安とは少し違うかもしれません。

パリの区によっても違いがあるのですが、私の住んでいた10区は大きな公園やサン・マルタン運河があり、観光客というよりも地元の人が多かったです。夏は22時でも明るいため、サン・マルタン運河の周りに人々が集まり、お酒を飲んだり歌を歌ったりと深夜まで人が集まっているのもあり、治安は悪くありませんでした。観光客や若者が集まるセーヌ川辺りと比べるとかなり治安がいいように思えます。大きな駅も近く、構内も比較的綺麗なので安心して使えます。

-パリの治安について-

の治安や評判

パリの中心部のことについてです。実は2015年の大みそかとお正月をパリで過ごしました。街中お祭り騒ぎで夜中までパリのシャンゼリゼ通りは人込みでごった返していました。私自身は被害にあわなかったのですが、うわさ通り、観光スポットといわれる場所にはスリらしき二人組の男や署名活動と見せかけ近寄ってくるジプシーの子供たち、夜歩いていた日本人男性の友達は3人組の男に肩を組まれて足を引っかけられそうになって辛うじて逃げ延びたとか。治安は悪いと思います。その後、一時帰国した直後にパリの銃撃事件がニュースになっていて間一髪!という気持ちでした。

-パリの治安について-

の治安や評判

警官や軍人が定期的に見回りをしており、危険な感じはなかった。ただ、メトロ内のスリや観光客狙いの詐欺師は非常に多く、注意が必要。特にメトロのスリは、集団で取り囲んで状況が把握できない内に何かをとっていく、という手口が多いです。夜の女性一人歩きは避けた方が無難です。またスマホが高価なので、歩きスマホはやめた方がいいです。

-パリの治安について-

の治安や評判

フランスの南部地方ですが、ヨーロッパの中ではとても治安が良いと思います。パリなどの都心部では、リュックやショルダーバッグを持つことは危険ですが、エクス・アン・プロヴァンスはそれでも特にスリなどの危険は無かったです。ただ、飲食店でテーブルに携帯を置く等の行為はヨーロッパの他地方と同様に危険があると思います。

-エクス・アン・プロヴァンスの治安について-

の治安や評判

アラブ人が多く、夜の旧市街地は日本人女性が1人で歩くには少し怖いと思います。特に夏場の日中は観光客で溢れかえっているので、数年前テロがありましたが、特に危ないと思ったことはありません。ただ、恐らく他の海外都市と同じように、「昨日あそこで発砲事件があったらしいよ」なんて事はたまに耳にしました。中国人等が増えてアジア人も全く珍しくなくなってきているので、街を歩いていて浮く事もないと思います。

-ニースの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア