フランスへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

フランスへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
フランスの永住・海外移住

フランスの基本情報

フランスへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にフランスに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 62814233
面積(平方km) 551500
人口密度 113
通貨 ユーロ
通貨単位 EUR

日本とフランスの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、フランスへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

フランスの永住者数

フランスへの永住を考えている方は、現在、フランスにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 25744
永住者数(人) 6835
在留日本人総数(人) 32579

【体験談】フランスの治安は良いの?悪いの?

フランスに住んでいる方の声

の治安や評判

アラブ人が多く、夜の旧市街地は日本人女性が1人で歩くには少し怖いと思います。特に夏場の日中は観光客で溢れかえっているので、数年前テロがありましたが、特に危ないと思ったことはありません。ただ、恐らく他の海外都市と同じように、「昨日あそこで発砲事件があったらしいよ」なんて事はたまに耳にしました。中国人等が増えてアジア人も全く珍しくなくなってきているので、街を歩いていて浮く事もないと思います。

-ニースの治安について-

の治安や評判

先進国のフランスとは思えないほど治安が悪いです。街にはアラブ系やアフリカ系の移民が目立ちベトナムや中国系の人も多く見かけました。地下鉄は外国人ばかりで夜女性が一人で乗るのは本当に危険です。街もそこらじゅうに犬の糞が落ちていてかなり寂れた雰囲気です。一部のお金持ちが住んでいるエリアを除いて常に警戒していないといけませんでした。ジプシーや物乞いも多かったです。

-マルセイユの治安について-

の治安や評判

治安はあまり良いとは思いません。もちろん場所にもよりますが、全体的どこでも危ないです。空き巣に入られたり、ひったくりやスリに遭うことが多いです。治安が良いといわれている場所で、日中にもかかわらず私もひったくりに遭ってしまいました。夜はさらに危ないので、人通りの少ない道を避けて、なるべく明るい道を選んで歩く必要があると思います。また、地下鉄や駅の中も夜は人が少ないので、女性一人での行動はあまりお勧めしません。

-パリの治安について-

の治安や評判

区によってかなり差があります。また同じ区内でも通りが一本違っただけで雰囲気ががらっと変わってしまうことも。メトロも人種が総入れ替えになる駅があります。観光地は観光客(特に小柄な日本人)を狙った物乞いがすり寄ってくるので注意が必要です。ターミナル駅や空港もボーっとしたりキョロキョロしていると変な人に狙われます。また治安が良いとされる地区の人たちが優しいとは限りません。

-パリの治安について-

の治安や評判

80年代にパリに住んでいたことがあります。

当時はテロなどが今より少なかったので、まだ治安は良かったと思います。

ただ、日本はもっと治安が良かったので、日本から見たら危ない都市と認識していました。

1回だけですが、地下鉄の入口近くで、突然「私は愛に飢えています」という紙を目の前に出され、それに気を取られている隙にカバンの中から化粧ポーチを盗まれてしまったことがあります。

すぐに気づいて追いかけましたが、電車に乗って逃げられてしまいました。

紙を目の前に差し出したのと、バッグから抜き取ったのは子供でしたが、電車に乗った時に大人の男も一緒にいたのが見えました。

電車の中まで追いかけなくて、かえって良かったと、後になって思いました。

財布ではなくて化粧ポーチだったので、盗んだ相手もガッカリしたことと思います。

-パリの治安について-

の治安や評判

高台にある中心街は夜は治安が悪いです。ドラッグの売買やケンカが多くトラブルの話をよく聞きます。郊外は穏やかで静かです。しかしところどころに団地が密集している区域があり、そういったところには貧乏な移民がたくさん住んでいるのでスラム街っぽい雰囲気があります。イスラム教の人が多くラマダンの期間はすごく静かになります。

-アングレームの治安について-

の治安や評判

比較的安全、普通に暮らしている限り昼間は東京都比べてあまり違いを感じません。最近起こっているテロリスト事件のためパリでは警察がピリピリしていますがそんな時でもかなりのんびり感が在ります。ただ盗難は日常茶飯事なので路上駐車した車中に荷物は置きっぱなしに出来ません。自転車もきちんとロック、タイヤをはずしている人も居ます。夜はやはり海外なので暗い夜道は避けるべきだと感じます。

-ルマンの治安について-

の治安や評判

昼まであっても窃盗は頻繁にあります。特に現地に住んで間もないと隙が出て、簡単にすられます。目に見える状態で財布は当然のことながら、貴重品は持たないことです。レストラン内であってもバックやカバンの中に貴重品をかためて入れておくと狙われます。また、電車もどの便に乗るかは慎重になる必要があります。移民の方々が住む地域と結ぶ路線では、車内でも危険にある可能性があります。

-パリの治安について-

の治安や評判

街に出るとき、スリが多いので、まずその点に気を付けた方がよいです(自分もそうですが、周りの友人もほとんど被害にあっています)。
パリは移民が多く、いろんな人種の人が住んでおり、地区によっては日本人には慣れていない雰囲気の場所があります。オペラ座付近の日本人観光客が多いところでも、一歩裏通りに入り、人目のない通りだと、少しこわい感じがします。
ここ数年ではテロもあり、例えば人の集まる場所には行かないようにするなど、自分の身は自分で守る、ということが大事だと思います。

-パリの治安について-

の治安や評判

地域によっても異なりますが、観光地にはスリが多くいます。高級な地域は問題ありませんが、パリ郊外や北駅周辺地域では、少し大通りを離れるだけで、危険な場所もあるため注意が必要です。パリの中心地であればスリに気をつける必要はありますが、治安はそこまで悪くありません。電車や地下鉄も同様で、スリやジプシーが日常的に存在しています。バスの方が治安がいいです。

-パリの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア