中華人民共和国への永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

中華人民共和国への永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
中華人民共和国の永住・海外移住

中華人民共和国の基本情報

中華人民共和国への永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際に中華人民共和国に住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 1390000000
面積(平方km) 9634057
人口密度 145
通貨 人民元
通貨単位 CNY

日本と中華人民共和国の物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、中華人民共和国への移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 0.6CNY 11円 24円 45.1
牛乳(1L) 13.4CNY 234円 218円 107.3
牛肉(1kg) 78CNY 1362円 2620円 52
豚肉(1kg) 31CNY 541円 2260円 24
鶏肉(1kg) 24CNY 419円 1350円 31
じゃがいも(1kg) 3.5CNY 61円 316円 19.3
トマト(1kg) 3.6CNY 63円 673円 9.3
オレンジ(1kg) 9CNY 157円 498円 31.6
米(1kg) 3CNY 52円 396円 13.2
小麦(1kg) 9CNY 157円 237円 66.3
ビール(350cc) 2.5CNY 44円 189円 23.1
コーラ(350cc) 2.1CNY 37円 66円 55.6
ビッグマック(1個) 12.5CNY 218円 401円 54.4

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) 1CNY 17円 210円 8.3
タクシー(初乗り) 13CNY 227円 730円 31.1
電話(公衆電話/1分) 0.5CNY 9円 20円 43.7

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ 1400CNY 24450円 48810円 50.1
乗用車 54000CNY 943060円 3117431円 30.3
ガソリン(1L) 7.5CNY 131円 132円 99.2

中華人民共和国の永住者数

中華人民共和国への永住を考えている方は、現在、中華人民共和国にどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 132243
永住者数(人) 2835
在留日本人総数(人) 135078

【体験談】中華人民共和国の治安は良いの?悪いの?

中華人民共和国に住んでいる方の声

の治安や評判

忘れ物や落し物は基本返ってきません。ホームレス、物乞いが頻繁に話しかけてきます。痴漢や強引なナンパも多少あります。少なくなっているかもしれませんが、人気の無い場所で人身売買のような犯罪に関わる危険な人に話しかけられた友人もいます。またタクシーに乗ると外国人、特に平和ボケした日本人は料金を騙されることもあります。しかしそれを念頭において注意し、時に強く出ることを心がけていれば危険な目には合いません。

-北京の治安について-

の治安や評判

昔から満州国などで日本とかかわりがあり、日本企業が多く、日本人が多く住んでいる街ということもあり、日本人に対して特に攻撃的である、という町ではありませんでした。治安自体はほかの中国の都市よりも若干いいと感じています。住んでいる間に1度も危ない目にあったことがなかったです。第二次世界大戦の記念日近くになっても、あまりピリピリしたムードはなく、安心して過ごせる街だと感じました。

-大連の治安について-

の治安や評判

とにかくスリが多いです。バックはチャックのついているものでないと持てません。バスや地下鉄、歩道橋など、人通りが多いところでは特に注意が必要で、鞄を体の前にして持ちます。地元の食堂などで食事をするときにもバックは膝の上に置いておいたほうがいいです。携帯を服のポケットにいれておくと、取られます。携帯をポケットにいれてイヤホンで音楽を聴いていたら、突然音が聞こえなくなって、あれっと思ったら携帯を取られていたという友人がいました。

-西安の治安について-

の治安や評判

中国でもかなり人口の多い大きな街です。お巡りさんがあまりいませんが、スリや痴漢にあったことはありません。
むしろ大きな荷物を持っているとバスでも見知らぬ人が運ぶのを手伝ってくれるおおらかさ。
夜八時までアルバイトしていましたが特に危険を感じたことはありません。
物乞いの遭遇率は高く、貧しさを感じる街でした。

-成都の治安について-

の治安や評判

日本人や外国人が多く住むマンションは、高層ビルが立ち並ぶエリアや、塀に囲まれた公園のような緑多い敷地内にあります。どちらも守衛が常駐していることが多く住宅については特に危険は感じませんでした。外出時も、人通りがあるところであれば、ほとんど日本と同じような感覚で歩くとことができます。ただタクシー会社は選んで乗っていました。人も多いのでひったくりなどにもちろん気をつける必要はありますが、どちらかというと犯罪的なものより、運転の荒い車やスクーターに神経を尖らせていました。

-上海の治安について-

の治安や評判

人種のるつぼといわれる香港では外国人に慣れているため治安に問題はないと感じる。ただ、ナイトマーケットなどが多い地区によってはその地区を管理しているギャンググループが多いためトラブルにならないよう特に夜間の外出は注意が必要。街中ではアフリカ人や中東人が偽ブランドものの販売をするため呼び込みを行なっており、日本語で声をかけてくることも多い。ついていかないように注意することで防ぐことができる。

-香港の治安について-

の治安や評判

きれいに整備されており治安に不安を感じることはなかったが、開発されている地区の一本裏通りにはスラム街のようなところがあるため注意が必要。特にこちらから何もアプローチしなければ攻撃的な対応を受けることもない。ただ、反日感情に敏感になる国の祝日等はデモが行われることがあり、そのような日の外出は極力避けることをおすすめする。

-広州の治安について-

の治安や評判

全体的にそれほど治安は悪くない。でも置引きやスリは常にある。私も経験したことがあるのは自転車と電動バイクがとられただけだ。でも驚くのは、私の住んでいるアパートの下で盗られたということ。家に泥棒がはいられたことはないが、やっぱり周り治安は良くない。
街中を歩く時はいつもカバンを前側に背負い歩き、常に携帯を触っているようにする。そういう隙を見せないことで自分の安全を守る必要がある街だった。

-広州の治安について-

の治安や評判

イメージと違い治安はとても良いと思います。カジノがある繁華街はもちろんのこと24時間街の至る所に警官が立っています。
カジノは危ないイメージがありましたが、明るいですし人も多く、セキュリティ面もしっかりしているのでかえって安全な気がします。
住宅街などは、夜間はあまり人が通らないところもありますが、数年住んで怖い思いをしたことは一度もありませんでした。
日本の地元(都市部)のほうが夜はよっぽど危険だと思います。
但し、スリの被害は多いようです。

-マカオの治安について-

の治安や評判

私が2週間でしたが短期留学で上海に住んでみた事があります。私が行っていたのは20年前です。その頃の治安はよくないでした。朝は道路上で喧嘩は頻繁、物乞いやお金の裏取引などやりたい放題でした。昨今の状況としては昔とはかなり変わっています。物価も変わってきています。しかし、表も裏も現在も存在しています。表の中国は華やかですが、裏の中国は貧富の差があります。すこしは治安は良くなってきていますが、日本人が平和ボケして軽い気持ちでいると、騙されたり掏られたり置き引きされたりします。気をつけなければ幼い子の連れ去りもあります。まだまだ治安は良くないと思った方が良い所です。

-上海の治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア