中華人民共和国への永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

中華人民共和国への永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
中華人民共和国の永住・海外移住

中華人民共和国の基本情報

中華人民共和国への永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際に中華人民共和国に住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 1390000000
面積(平方km) 9634057
人口密度 145
通貨 人民元
通貨単位 CNY

日本と中華人民共和国の物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、中華人民共和国への移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 0.6CNY 11円 24円 45.1
牛乳(1L) 13.4CNY 234円 218円 107.3
牛肉(1kg) 78CNY 1362円 2620円 52
豚肉(1kg) 31CNY 541円 2260円 24
鶏肉(1kg) 24CNY 419円 1350円 31
じゃがいも(1kg) 3.5CNY 61円 316円 19.3
トマト(1kg) 3.6CNY 63円 673円 9.3
オレンジ(1kg) 9CNY 157円 498円 31.6
米(1kg) 3CNY 52円 396円 13.2
小麦(1kg) 9CNY 157円 237円 66.3
ビール(350cc) 2.5CNY 44円 189円 23.1
コーラ(350cc) 2.1CNY 37円 66円 55.6
ビッグマック(1個) 12.5CNY 218円 401円 54.4

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) 1CNY 17円 210円 8.3
タクシー(初乗り) 13CNY 227円 730円 31.1
電話(公衆電話/1分) 0.5CNY 9円 20円 43.7

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ 1400CNY 24450円 48810円 50.1
乗用車 54000CNY 943060円 3117431円 30.3
ガソリン(1L) 7.5CNY 131円 132円 99.2

中華人民共和国の永住者数

中華人民共和国への永住を考えている方は、現在、中華人民共和国にどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 132243
永住者数(人) 2835
在留日本人総数(人) 135078

【体験談】中華人民共和国の治安は良いの?悪いの?

中華人民共和国に住んでいる方の声

の治安や評判

タクシーを一人で乗っても大丈夫です。夜一人で歩いていても大丈夫です。飲食店で一人で食事をしていても正当な料金だったし酔っ払いに絡まれることもありませんでした。街中で喧嘩や事件に遭遇したことはないです。だから治安は良いほうだと感じました。しかし交通ルールは守られていないので横断歩道を渡るときは注意が必要です。

-厦門の治安について-

の治安や評判

まず日本人ということで少なからず反日感情を持った人間がいるので、路上を歩いてると中国語で暴言を吐かれたり悪口を言われたりすることはたまにある。あとは電話で振り込め詐欺などの電話がかかってくることがある。目立った行動を避ければ特に身の危険を感じることもない。中国のルールに則り、彼らを尊重する姿勢が必要。

-北京の治安について-

の治安や評判

北京、と言っても総面積では日本の四国ほどあるという。私の住んだことがある朝陽区は大使館や大学、公園、百貨店、バーなど生活に必要なものが何でも揃う地域であり居住している外国人も多い印象。文化レベルとしても高く、街全体の治安は海外の都市の中では良いと思う。ただ、政治的に不安定な時などは、治安もそれに比例するような態度をとる人もいるため注意が必要だと感じる。

-北京の治安について-

の治安や評判

全体的に治安はいいと思います。
万引きをされたという噂を近くでは聞きません。
タクシーの運転が荒っぽいとおもう。
置き引きの被害にはあったことはない。(もちろん自分の所有物には注意を払った。)
ただし、職場のお菓子を誰かが盗んでいった、という同僚が経験はあります。
自宅の方ですが、強盗にはあったことはありません。戸締まりは厳重にしています。

-北京の治安について-

の治安や評判

街全体としては栄えている部分があり、その周辺には監視カメラが多数設置されているので目立った事件は起きないです。交通関係としては地下鉄では必ず身体検査と荷物検査が行われるので危険物が地下鉄駅内、地下鉄内にあることはまず無いと思います。大通りでは交通警察が居るのでそのあたりでは細かく取締や自転車やバイクなどの
指導も行っているので安全であると言えます。

-天津の治安について-

の治安や評判

治安自体は感じたことがなかったです。地元の商店街にも行きましたが、スリやぼったくり等もなく、安心して過ごすことができました。強いて言うならば、中国全土で言えることだとも思いますが、日本と比べ車の運転がとても荒いと感じました。車道等に信号も少なく、びゅんびゅん走る車の間をすり抜けるように道を渡るのは怖かったです。

-西安の治安について-

の治安や評判

反日色が強い地域なので注意が必要です。飲食店でからかわれたこともあります。日本人がよく利用する飲食店の方が安心できます。そしてタクシーは一般のタクシーを利用しない方がよいでしょう。ぼったくられる可能性もあります。利用するなら白タクです。ただ注意は必要だと思いますが住んでいたときには事件事故に遭遇したことはありません。

-深センの治安について-

の治安や評判

住んでいたのは10年程前になるので、今は状況が変わっているかもしれません。外出時はファスナー付のバックを視界に入る位置に持つ、など気をつけていれば、スリや強盗にあうことはありません。ただ、リュックや後ろポケットに入れていた携帯やデジカメをいつの間にか盗られた人はいました。夜間外出をすることもありましたが、引ったくりにあうこともありませんでした。ただ、危険だと言われていたエリアには極力近づきませんでした。治安は、怪しい場所に足を踏み入れない限りは比較的問題ないと思います。

-上海の治安について-

の治安や評判

上海市内も広いですが、治安についてはニュースなどの情報から日本人が一般的に連想する治安よりははるかに良いと思います。
国民の声が全体的に大きいので言葉が分からないときは怖い感覚がありましたが、普通に会話しているだけなので慣れればあまり気になりませんでした。
夜や深夜についても、街中を歩いていても危険な感覚は上海市内では感じれませんし、治安は日本と同じ感覚だと思いました。
同じというか、むしろ最近の日本の治安やモラルが落ちてしまった感覚のほうが強いです。

-上海の治安について-

の治安や評判

日本人が多い、日本で紹介される観光スポットでもある中心エリアにおける治安は悪いとは思いません。私が住んでいた時、ホンハムという駅ビル内にある銀行に拳銃を持った強盗が入って、発砲騒ぎとなり、その現場に遭遇したことはあります。外国人が利用する駅、銀行では時にはこうした事件はあるようですが、人を傷つけるための発砲ではないため、けが人がでることはあまり聞いたことはありません。私は夫の海外赴任と夫の起業の際、2回に分けて香港に住みましたが、二度目の滞在では、日本人が住んでいないローカルエリアでしたが、交通量も少ないことや中国本土からの移民が多いこともあり、わりと穏やか、のんびりとしており、事件などのニュースもほとんど聞かず、多いとしたら、交通事故ぐらいなので、こちらの治安も悪くはありませんでした。

-香港の治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア