イギリスへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

イギリスへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
イギリスの永住・海外移住

イギリスは、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家です。

国名「イギリス」は、ポルトガル語でイングランドを指すInglez(イングレス)が語源で、元の意味にかかわらず連合王国全体を指して使われており、その一部を為す「イングランド」とは区別されています。

またイギリスは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成され、それぞれの国は首都を持ち、ロンドン(イングランド)、エディンバラ(スコットランド)、カーディフ(ウェールズ)、ベルファスト(北アイルランド)となっています。

この他、国花もあり、イングランド(バラ)、ウェールズ(ラッパスイセン)、北アイルランド(シャムロック)、スコットランド(アザミ)があります。

イギリスの基本情報

イギリスへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にイギリスに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 63181775
面積(平方km) 244820
人口密度 246
通貨 UKポンド
通貨単位 GBP

日本とイギリスの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、イギリスへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

イギリスの永住者数

イギリスへの永住を考えている方は、現在、イギリスにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 50016
永住者数(人) 17132
在留日本人総数(人) 67148

【体験談】イギリスの治安は良いの?悪いの?

イギリスに住んでいる方の声

の治安や評判

ニューキャッスルという地区に住んでおりました。
学生が多いイメージでいろいろな国の方と交流できるとてもいい街です。
夜もにぎやかで映画や服なども購入するのに困りませんでした。
食べ物おいしくないといわれておりますが色んなで店もありおいしいお店もたさんありました。
土日は市場がひらかれ出店もたくさん出ています。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

日本よりは危険だと感じるが、そこまで悪くない。
地下鉄やバスも深夜まで運行していて安心。
満員電車でも痴漢はない。
外国人が多いので、アジア人でも浮かない。人種の差別は少ない。
凶悪な犯罪というよりも、繁華街や観光地でのスリや置き引きが多い印象。
駐輪中の自転車の盗難も多い。太いチェーンでも切られて盗まれているのを見掛ける。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

エリアによって住んでいる人たちの社会的階層が異なる場合があります。中心部より北側や西側は比較的治安が良いですが、東側や南側の地域は気をつけた方が無難です。以前東よりの地域でライブイベントに行き、帰りのバス停で待っている時、背後から生卵を投げつけられたことがあります。特に夜は出歩く時に注意した方が良いです。繁華街やバスの中でもひったくりが多く、何度か現場を目撃したことがあります。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

私が住んでいたのはロンドンのミルウォール地区です。労働者階級の町としてしられ、はっきりいって大変治安の悪い町です。地元にはミルウォールFCというプロサッカークラブがありますが、ここのサポーターはフーリガンの代表と呼ばれるほど、粗暴なサポーターで度々暴動を起こしているようです。毎週末試合のある日は騒がしかったです。怖さに耐えきれず、3カ月で引っ越しました。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

日本ほどではないが、比較的治安はいいと言える。セントラルロンドンで特に悪い場所の一つはカムデンタウンと言われているが、実際に住んでいた経験としてはそこまでではない。ただし裏路地は人気が少ないので、いつ犯罪に巻き込まれてもおかしくはない、そういう雰囲気はあるので注意は必要。他にはドラッグ特にライトドラッグと言われるウィードが流行しているのでその売買は密かに行われていたりはした。昼間は物乞いが多いが危険度は少ない。ただ詐欺やスリはいるので注意したほうが良い。夜は女性が1人で目的もなく歩くには男性に声をかけられるので少し危険かもしれない。他には数は少なめだが、強盗や窃盗みたいな輩もいることにはいる。しかし実際に出会ったことはない。あとは、人種によってコミュニティみたいなものがあり、それぞれ地域によって住んでいる人に偏りがある。極貧民層というような人々が多くすむ地域はやはり危ない雰囲気を感じる所が多いので、あまり近寄らないことをオススメする。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

治安は地域で差があります。基本的に、東側や南側の郊外はあまり治安が良くなかったです。大学があったルイシャム地区では、帰りが遅くなった時に怖い思いをしたことがあります。
あと、昼夜問わず、2階建バスの上階はあまりお勧めしません。あまり夜遅くは出歩かないか、バス1階でも運転手の近くに座るようにした方がいいと思います。
中心地は、ヨーロッパの中では治安が良い方です。差別もほとんどないので、暮らしやすい都市だと思います。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

ロンドンの北の方角にあるフィンチリー周辺に住んでいました。子連れで公園に行くと、半分ほど日本人がいるようなところでした。小学生の子供は、日本のように子供だけで遊ぶことはありませんでした。公園で遊んでいると、「向こうで麻薬を吸っている人がいるから離れたほうがいいよ」と教えてもらったことがありました。また友人と地下鉄に乗っていると、「座席の隣の人から麻薬の甘いにおいがした」と聞かされたこともあります。それ以外は、テロ等が時々起こっていたので警戒はしていましたが、怖い目にはあいませんでした。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

治安は比較的良いです。中心地は日本とよく似ており、浮浪者もいませんし、物乞いもほとんど見かけませんでした。ロンドン中心部はオフィシャルな方が多く、安全です。ただ、ビッグベン付近はスリ等が多いと聞きます。実際に生活するうえでそのようなことに遭遇した経験はありませんが、警戒するにこしたことはないと思います。地下鉄は利用者も多いですが、あまり治安がいいとは言えません。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

比較的治安が良いと思われているイギリスですが、スリや置き引きは、日本よりもはるかに多い印象です。町中に防犯カメラが張り巡らせてあるため、昔よりも改善したとはいえ、人の多いところでは、注意が必要なことは変わりありません。
今後、ブレクジットによる経済、社会状況の激変や、北アイルランド問題の再燃、またイスラム過激派によるテロのリスクなど、先が読めない部分があります。過剰に怖がる必要なはないかもしれませんが、滞在中は報道に関心をもって、行動することが望ましいと思います。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

ロンドン西部のケンジントン地区周辺は、人通りも少なく、大変静かで、ゆっくり散歩をしていても安全です。特に夏季の夜のロンドンは午後8時頃でも明るいので、外出もしやすいです。しかし、ピカデリーサーカス辺りは、交通量や人通りも非常に多く、清潔感がなく猥雑な店も立ち並び、有料公衆トイレも壊れているものがあり、金銭を投入しても返却もされないなど、管理がされていないエリアと感じます。通行人も明らかに違和感がある風体の人々が見受けられるので、注意が必要です。

-ロンドンの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア