イギリスへの永住・海外移住【条件や費用・治安など】|永住マップ

イギリスへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件や治安など
イギリスの永住・海外移住

イギリスは、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家です。

国名「イギリス」は、ポルトガル語でイングランドを指すInglez(イングレス)が語源で、元の意味にかかわらず連合王国全体を指して使われており、その一部を為す「イングランド」とは区別されています。

またイギリスは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成され、それぞれの国は首都を持ち、ロンドン(イングランド)、エディンバラ(スコットランド)、カーディフ(ウェールズ)、ベルファスト(北アイルランド)となっています。

この他、国花もあり、イングランド(バラ)、ウェールズ(ラッパスイセン)、北アイルランド(シャムロック)、スコットランド(アザミ)があります。

イギリスの基本情報

イギリスへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にイギリスに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 63181775
面積(平方km) 244820
人口密度 246
通貨 UKポンド
通貨単位 GBP

イギリスの各種ランキング

イギリスへ移住する際、治安の他に考えるべき点がいくつかあります。

経済状況や医療状況、住みやすいか否かなど、各団体が公開しているデータをもとにランキングをまとめたので参考にしてください。

名目GDPランキング(百万USドル) 369843(33位/191国中)
GDPランキング(1人当たり) 41644(23位/190国中)
平均寿命の長い国・地域(男女合計) 82.6(10位/201国中)
IT競争力の高い国ランキング 5.4(20位/139国中)
観光競争力世界ランキング 3.84(61位/136国中)
経済成長率ランキング 3.282(86位/191国中)
国際競争力ランキング 76.63(19位/140国中)
世界で最も評判のいい国ランキング 54.1(40位/55国中)
大学進学率ランキング 62.65(47位/154国中)
世界幸福度ランキング 7.139(13位/156国中)
世界平和度指数ランキング 2.735(146位/163国中)

日本とイギリスの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、イギリスへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

イギリスの永住者数

イギリスへの永住を考えている方は、現在、イギリスにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 50016
永住者数(人) 17132
在留日本人総数(人) 67148

【体験談】イギリスの治安は良いの?悪いの?

イギリスに住んでいる方の声

の治安や評判

治安は比較的良い方かと思いますが、女性の夜の1人歩きや危険と言われている地域に安易に入っていくと、やはりトラブルなどに巻き込まれる話は聞きます。一般的には、ロンドンは東側に行くとあまり治安が良くないとされており、日本人の駐在員などは西側や北西側に住むことが多いと言えます。そういったところですと、昼間の明るい時には安心して歩くことができます。ただ、やはりスリや引ったくりなども発生しますので、日本とは比較すれば注意は必要かと思います。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

ローマやパリと違い、ロンドンは大都市の割には比較的治安の良い街だと言えます。 無論程度の差であって、例えば街中で落とした財布が戻ってくることはまずないと思った方が良いでしょう。 あと決して忘れるべきではないのが、一人で歩いてはいけない地区が存在すると言う事実です。 観光客が多い場所であっても夜の歓楽街での単独行動はかなり危険であることを認識すべきです。 イーストエンドなどガイドブックに載らない場所を探検したい人もいるかもしれませんが、こうした地域ではツーリストへの反感や東洋人に対する侮蔑・憎悪も多くみられるため、できれば避けた方が無難だと思います。

-ロンドンの治安について-

の治安や評判

オクスフォードに近い田舎の町です。「日本人を見るのは初めてだ」という人が多かったですが、皆さん、ニコニコと気さくに話しかけてくれるし、私のつたない英語にも対応してくれるし、治安は良いところでした。中流階級の家庭が多いように感じました。ただ、家家にはセコムのような留守警報装置がついているし、自動車を止める時には必ずハンドルロックはかける、といった防犯は必ずしていました。強盗など犯罪の噂は聞かなかったのですが、やはり日本よりは気を付けないといけないのかな、と思って生活していました。

-ミルトンキーンズの治安について-

の治安や評判

ボーンマスはイギリスの南西部に位置する町です。私は留学のためこちらに住んでいました。首都ロンドンからはコーチで行けます。ボーンマスは退職した高齢者などがセカンドライフとして選ぶような街であり、とてものんびりとした穏やかな街であるため留学先として選ばれる街でもあります。留学生が多いこともありいろんな人種の人も受け入れてくれる優しい街だと思います。ボーンマスビーチもあり夏は避暑地として賑わいます。

-ボーンマスの治安について-

の治安や評判

綺麗なビーチがありイギリスの避暑地として、富裕層やご年配の方が多い比較的治安のいい街です。
また大学や語学学校も多いので留学生も多く他の都市より移民も受け入れられている印象です。
しかし、夜になると治安が悪くなりローカルの若者がバス停に落書きしたりする姿が見られます。
日が暮れてからの一人歩きはあまりオススメできません。

-ボーンマスの治安について-

の治安や評判

バーミンガムはロンドンについで大きな都市で、オフィス街・大きな大学・ショッピング施設・交通が行き渡っているなど
非常に住みやすく日中は一人で歩いても全然問題ない都市でした。多種多様なルーツを持つ人が多く住み、特にインド系が多いです。しかし、少しでも旅行客の様な格好やボーッとよそ見をしていると、急に自転車で近づかれスリに合いそうになったり、夜少数人数で歩いていると絡まれるといことはありました。

-バーミンガムの治安について-

の治安や評判

住んでいて、時間や場所に気をつけてさえいれば問題に巻き込まれることもありませんでしたが、現地の人の間でもNottinghamをもじってShottinghamと呼ばれることもあるほど、治安はあまり良くない印象の街です。シティセンター(市街地・中心地)は昼間などであれば全然問題ありませんが、ひとたび市街地を出て少し郊外の住宅街などに出ると、ドラッグ売買や空き巣、ひったくりなど様々な犯罪も横行するエリアが多くあります。家賃が安いエリア、低所得者が多く居住するエリアは特に、夜中に一人で徒歩帰宅するなどありえない、といった感じでした。

-ノッティンガムの治安について-

の治安や評判

ロンドンから南に1時間のところにある街です。中心街はショッピングモールなどもあり大変便利な街ですが、騒々しいという感じはまったくない、大変静かなのどかな街でした。私が住んでいた時にイースターがあり、小学校がお休みだったので小学生の男の子が新聞配達のアルバイトをしていました。自転車に乗って一人で配達していましたが、それが許されるほど治安のよい、住みやすい街でした。

-グレーブセンドの治安について-

の治安や評判

大学の近くに住んでいたため街中も店舗が多く整備されていたため比較的治安はよかったです。
しかし、店舗の閉店時間が早く、遅くまで大学に残っていたときは街灯の消えた通りを歩くことになり不安にはなりました。
一度マクドナルドで夜行バスを待っているときに現地の若者に絡まれ飲み物をかけられることはありましたが、それ以外は特に身の危険を感じるようなことは起きませんでした。
明るいうちに過ごすのであれば治安はよい地域だと思います。

-カンタベリーの治安について-

の治安や評判

エクセターはイギリスの中でもかなり治安の良い都市だと聞いていましたが、住んでみるとそれは事実だと実感しました。というのも、大聖堂を大事にしていたり、優秀なエクセター大学があったりで、落ち着いた雰囲気が街全体を包んでいるからです。たいへん穏やかな街という感じで、この上なく住みやすかったです。ただ、素敵な街並みに気をとられてぼーっとしているとスリにあったりすることはあるようなので、するべき用心はきちんとしましょう。

-エクセターの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア