カナダへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

カナダへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
カナダの永住・海外移住

カナダは、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家。

イギリス連邦加盟国で、英連邦王国のひとつです。

首都はオタワ(オンタリオ州)で、国土面積は世界最大のロシアに次いで広いです。

ファースト・ネーション(先住民)やイヌイットの言い伝えでは、先住民たちは時の始まりからこの地に住んでいたとされる一方、考古学的研究では北部ユーコン準州に26,500年前、南部オンタリオ州には9,500年前に人類がいたことが示されています。

また、IMFによると、2010年のカナダのGDPは1兆5636億ドル(約130兆円)で、世界第9位となっています。

20世紀初めまで経済の主体は農業でしたが、モントリオールやトロントが金融センターとなって、現在では世界有数の先進工業国となりました。

また、工業は自動車産業や機械産業が成長し、近年はIT産業が発展してきています。

カナダの基本情報

カナダへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にカナダに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 36290000
面積(平方km) 9984670
人口密度 3.4
通貨 カナダドル
通貨単位 CAD

日本とカナダの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、カナダへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

カナダの永住者数

カナダへの永住を考えている方は、現在、カナダにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 24657
永住者数(人) 37692
在留日本人総数(人) 62349

【体験談】カナダの治安は良いの?悪いの?

カナダに住んでいる方の声

の治安や評判

少し郊外に住んでいましたが、家のドアに鍵をかけない人も多く、まだまだ発展途上の街ですが、割と治安は良かったです。色んな人種が混ざりあっていて、言語も英語とフランス語が公用語になっているので、みんな違うということが街の良さとして人は思っているように思いました。なのでお互い小さな事ですが、地下鉄のドアを開けてあげたり、他人同士助け合って生活している感じです。でもやはり夜はダウンタウンではたまに発砲事件があったりするので注意が必要です。

-モントリオールの治安について-

の治安や評判

あまり大きい都市ではなく、若者が多い所ではないので治安がいい方だと思います。ダウンタウンは夜でも危険ではないですが、チャイナタウンは夜は行かないほうがいいと聞きました。昼は一人で行っても問題ありませんでした。地域によっては治安がよくないところもあるみたいなので夜中に一人で歩いたりはしない方がいいですが、基本的に安全な街です。

-ビクトリアの治安について-

の治安や評判

治安はとても良いです。夜でも一人で出歩いてもほとんどの地域では問題はありません。電車で夜帰り、駅から一人で歩いて帰っても基本的には問題はありません。ただ、観光地でもあるガスタウンをさらに奥に進むと、治安の悪いエリアがあります。ドラッグ常習者などがいるエリアで、昼間でも近くに行くと雰囲気ですぐにわかります。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

ダウンタウンにあるチャイナタウンへ日が暮れてから近づかないように地元の人間に言われたためチャイナタウンへは近づかなかったためか治安はとても良かったです。ダウンタウンへ週末へ出かけ最終のバスで帰宅したこともありましたが、バスが定刻通りに来なかった以外は問題なく過ごせました。アルコールの規制が日本よりかなり厳しいので酔っ払いもあまり見かけませんでした。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

比較的治安はいいですが夜のダウンタウンは少し危険な場所もありました。まずクラブなどはマリファナを吸っている人が多いので気をつけないといけません。またチャインタウン近くにゲイストリートという道があって夜中に女性一人では歩いてはけないというのが有名でした。でもその他の場所は夜中でも人通りも多く、明るいので女性一人で歩いていても安全でした。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

総じて治安は悪くありませんので、夜女性の独り歩きも基本大丈夫でした。私自身は夜、裏道でも平気で歩きましたが、念の為、大通り以外は暗くなってから一人で歩かない方が良いとは聞きました。メインストリートなどの明るい通りは問題有りません。具体的な大きな事件は滞在していた1年で聞いたことは無いのですが、店のガラスが割られたり、というような小さな事件は有りました。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

大きな都市で日本人も多く、治安が悪いとはあまり感じませんでした。こちらの人たちは夜にカーテンを閉めないことも多く最初は不安でした。外国だと思うからか暗い時間帯にひとりで人通りの少ない場所を歩く勇気はなかったので、治安の悪さを見逃していたのかもしれません。でも、住んでいた間に怖い目にあったことはなかったです。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

トロント中心部は高いビルが建ち並び東京にいるような感じです。トロントは多国籍の人が在住しているため、道を歩いていてもアジア人だからといってヤジを飛ばされるようなことはありません。今年10月にマリファナが合法化されたためか、たまにおかしな人を見る機会が多くなった気もしますが、基本的には夜一人で外出しても安全だと感じる治安の良さだと思います。

-トロントの治安について-

の治安や評判

トロントの都市部に住んでいました。近くにはチャイナタウンがありましたが、トラブルや犯罪はほとんどありませんでした。イタリア人街はトラブルが多かったそうです。カナダはもともと治安がいいのですが、トロントは移民都市で人口の半数が移民なので、他の都市に比べ治安はいいとは言えないと思います。年に数回銃による事件がありました。

-トロントの治安について-

の治安や評判

住宅街に住んでいたので比較的治安は良かったように思う。ただ街の中のスラムと呼ばれる地域は、麻薬中毒者や泥棒、スリ、浮浪者が多いため近寄らないようにと地元民から忠告されていたので、行かないようにしていた。家の近くで銃声を聞いたり喧嘩があったりしたことはあったけど、日本に比べればどこもそんなものなので、特別怖い街だとは思わなかった。

-バンクーバーの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア