カナダへの永住・海外移住【条件や費用・治安など】|永住マップ

カナダへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件や治安など
カナダの永住・海外移住

カナダは、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家。

イギリス連邦加盟国で、英連邦王国のひとつです。

首都はオタワ(オンタリオ州)で、国土面積は世界最大のロシアに次いで広いです。

ファースト・ネーション(先住民)やイヌイットの言い伝えでは、先住民たちは時の始まりからこの地に住んでいたとされる一方、考古学的研究では北部ユーコン準州に26,500年前、南部オンタリオ州には9,500年前に人類がいたことが示されています。

また、IMFによると、2010年のカナダのGDPは1兆5636億ドル(約130兆円)で、世界第9位となっています。

20世紀初めまで経済の主体は農業でしたが、モントリオールやトロントが金融センターとなって、現在では世界有数の先進工業国となりました。

また、工業は自動車産業や機械産業が成長し、近年はIT産業が発展してきています。

カナダの基本情報

カナダへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にカナダに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 36290000
面積(平方km) 9984670
人口密度 3.4
通貨 カナダドル
通貨単位 CAD

カナダの各種ランキング

カナダへ移住する際、治安の他に考えるべき点がいくつかあります。

経済状況や医療状況、住みやすいか否かなど、各団体が公開しているデータをもとにランキングをまとめたので参考にしてください。

名目GDPランキング(百万USドル) 1711387(10位/191国中)
GDPランキング(1人当たり) 46261(20位/190国中)
平均寿命の長い国・地域(男女合計) 82.47(14位/201国中)
IT競争力の高い国ランキング 5.6(10位/139国中)
観光競争力世界ランキング 4.97(9位/136国中)
経済成長率ランキング 1.834(144位/191国中)
国際競争力ランキング 79.92(12位/140国中)
世界で最も評判のいい国ランキング 79.2(7位/55国中)
大学進学率ランキング 67.04(36位/154国中)
世界幸福度ランキング 7.278(9位/156国中)
世界平和度指数ランキング 1.327(6位/163国中)

日本とカナダの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、カナダへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

カナダの永住者数

カナダへの永住を考えている方は、現在、カナダにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 24657
永住者数(人) 37692
在留日本人総数(人) 62349

カナダの治安・情勢など

概況
(1)カナダは、一般的に治安が良いと言われていますが、犯罪発生率(人口10万人当たりの犯罪認知件数)は日本の約5倍の水準となっています。最近では、ギャング絡みの発砲・暴力事件も発生しているほか、夜間に銃器や刃物で通行人を脅したり、背後から襲い暴行を加えた後に所持品を奪うといった事案も発生しています。日本人の渡航者、滞在者が犯罪に巻き込まれる事案も発生していますので、適切な防犯対策を講じてください。特に、都市部で夜間のひと気のない場所に出かける際には注意が必要です。

(2)空港やホテル、レストラン等で旅行者を狙ったスリや置引き等が多発しているため、パスポートや現金などの貴重品を盗まれないよう注意する必要があります。被害に遭った日本人旅行者の多くが、貴重品を入れたバッグをほんのわずかの時間、足元や近くの椅子の上に置いた隙に盗まれています。荷物は常に視界に入る位置に置くよう心がけるとともに、貴重品は必ず身につけて携行するようにしてください。

(3)カナダでは、米国ほど銃器の所持が自由ではありませんが、米国と国境を接しているため、銃の密輸が後を絶たず、銃器を使用した強盗等が増加傾向にあり、在留邦人が銃器で脅される被害も発生しています。万一、強盗等の被害に遭遇した場合には、相手が銃器を所持している可能性が十分にありますので、身体の安全を第一に考え、絶対に抵抗はせず、相手の要求に応じて金品を差し出し、立ち去らせた方が無難です。

(4)カナダでは、テロ組織からの指示や支援を受けないものの、これらの主張に影響を受けた者が、過激化してテロを引き起こす事案(いわゆる「ローンウルフ(一匹狼)型テロ」)が発生しており、このようなテロに対する危機感が高まっています。
 近年発生した事案としては、2014年10月にケベック州で発生した兵士轢き逃げ死亡事件、同じくオタワ市中心部で発生した守衛兵士銃殺及び連邦議事堂内侵入事件、2017年1月にケベック市で発生したイスラム文化センターでの銃乱射事件、同9月にエドモントン市で発生したテロ容疑事件等があります。
 これまでのところ、日本人や日本権益に対する具体的な脅威情報は無く、カナダを直接の標的とするテロの具体的な情報も確認されてはいませんが、誰しもテロの被害者になる可能性があります。軍・公安関連施設には無用に立ち寄らないようにし、人が多く集まる施設(レストラン、バー、ホテル、ショッピングモール等)、公共交通機関等を利用する際には、周囲の状況に注意を払い、いざという時の避難経路確認等の安全確保に十分留意してください。

海外移住情報

  • 海外移住する際のメリット・デメリットとは?
    近年、フリーランスやノマドワーカーなどが一般化し、日本に住んでいなくとも仕事をして稼ぐことも難しくなくなってきました。 カナダへ移住するときのメリット・デメリットについてまとめてみました。
  • 海外移住に必要な貯金額や費用は?
    海外移住する時に、まずはじめに考えないといけないのが、移住する際の費用や貯金額などお金に関する部分です。 カナダへ移住するとなった時に、いくらぐらい持っていればよいのでしょうか?
  • 海外移住する前に必要なものや準備
    海外移住すると、日本で当たり前に出来ていたことができなくなり、渡航した後では後戻りすることが難しいです。 そこで、海外移住する前に必要なものと何を準備したほうが良いのかをまとめました。
  • 海外移住の注意点や問題点
    最近では、セミリタイヤや定年退職した方が、物価の安い国へ移住し、悠々自適に生活することも増えているのですが、そう簡単なものではありません。 この問題点などを踏まえた上で、海外移住するのか考えましょう。

【体験談】カナダの治安は良いの?悪いの?

カナダに住んでいる方の声

の治安や評判

世界上位の治安の良さを誇る都市なので、その通り、かなり安全に暮らせる街です。スタジアムやチャイナタウンがある地域は共通認識として危ないと言われているので近づかなければ、女性でも問題なく暮らせます。私が暮らしていたのは「ノースバンクーバー」と言われる地域で、バスも0時近くでも走っており、たまにご飯を食べた帰りに使用しても2、3人程度が使用しているので、身の危険を感じたことはありません。強いていうのであれば、秋から冬にたまに、庭に熊が出没するということを聞いていたので、1年住んでいた時は、1、2回は注意されたことがありました。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

とても静かな街で治安はとても良く、女性1人で夜歩いていても危ない目に遭う事はありませんでした。
スリなどの軽犯罪もなく、途上国でよくあるぼったくりなどもありません。
通勤通学時間帯のスカイトレイン(無人の電車)は満員になりますが、痴漢に遭遇した事もありません。
時々傷害事件などはあったようですが、昨今の日本の無差別殺人に比べると規模、頻度は低いと感じます。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

移民の国なので、アジア人差別があるということはないです。市民のほとんどがリュックを愛用しており、後ろからスられるという心配は特にありません。しかし置き引きや置き忘れが戻ってくることはありません。中心地にほど近い場所にホームレスの炊き出し場所があるため、街中でもホームレスがたくさんおり、ゴミ箱を漁っています。ホームレスの中には薬物中毒者もたくさんいるので、炊き出し場所周辺は近づくなと言われてます。さらにマリファナが合法なので、そこら中でマリファナ臭がします。バンクーバーの周りの市は中国人ばかりの市、インド人ばかりの市などがあり、発砲事件も度々起きているようなので、自分の身は自分で守る必要があります。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

銃を使った事件や強盗などの凶悪犯罪は少ないです。エリアにもよるのですが、ほとんどの場所は1人で街を歩いたりある程度暗くなってからの外出にもあまり不安はありませんが、日本の年に比べると電灯などが少ないのでくらいです。治安が悪いと言われているのはチャイナタウンとダウンタウンの東側のエリアで、それ以外はあまり危険は感じません。ただ、大麻が合法なので、いたるところで大麻の匂いがします。ダウンタウンの東側の一部のエリアは有名な大麻利用者の多いエリアで、大麻を吸うふとやホームレスの人が未知に溢れています。街並みも潰れたホテルや怪しいお店が並んでいます。彼らは合法なものを利用しているとはいえ、昼間でも1人で歩くのははばかられます。その一部のエリアを抜ければ普通の街ですし、優しい人も多いので普段暮らしている分には特別治安の悪さを感じることはないです。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

カナダ第三の都市といわれていて、周辺人口も含めると約240万の大きな都市ですが、街全体の雰囲気としてはあまり治安が悪いという雰囲気ではありませんでした。中心部は整然とした町並みが整備され、多種多様な人々は行き交う雰囲気ですが、各種ガイドでは、グランビルストリートと旧日本人街を歩くときは荷物に気をつけるようにという注意喚起がなされていました。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

ダウンタウンは時間問わず人が多く、お昼から夕方にかけて一人で歩いていても問題はないです。しかし、夕方から夜になるとお酒を飲んで路上で騒いでいる人も多く出てくるので女性の一人歩きはしない方がいいと思います。また、ホームレスの方も日本に比べてかなりいます。ホームレスの方が話しかけてくるや追いかけてくる等はありませんが、「お金を恵んで下さい」というボードと一緒に路上に座っています。
日本と違って大麻がそこら中にあります。なので、日常的に大麻独特の匂いを嗅ぐことになります。また、年に1回大麻の大きなイベントがありその日は街中がずっと大麻の匂いで充満しています。

-バンクーバーの治安について-

の治安や評判

基本的に日本に匹敵する治安の良さでした。
場所によってもちろん違いはありますが、基本的に夜道を歩いていて怖い思いをしたことはありません。

ホームレスが多いのと、ドラッグ使用者が道端にいるので、
怖いと感じることはあるかもしれませんが、危害を加えられたことはありませんでした。

一点だけ怖かったのが、家に入る泥棒がかなり多いと聞きました。
特にクリスマス前になると増えるそうで、自分が住んでいた家も、半年の間で2度、不審者が玄関から入ってこようとしたことがありました。
(2回とも玄関にいた犬が吠えてくれたため、侵入には至りませんでした)
両隣の家も強盗に入られたことがあると聞きました。

-トロントの治安について-

の治安や評判

基本的にはいいです。東洋人がたくさんいるので、東洋の顔をしていても目立ちません。また、例えばライトをつけずに夜自転車で走っているとか、指定時間外にゴミを出しているとか、そういうことをしているとすぐに周りの非難を浴びます。盗みや脅しなんかしていたら周りが黙っていないと思います。さらに、例えば大きなスーツケースを持って階段を降りようとしていたら、すぐに誰か飛んできて手伝ってくれます。いざとなったら助けてくれる人も多いと思います。
ただ、どこでも同じだと思いますが、詐欺はいます。ユニオン駅を歩いていたら、知らない男の人に「僕の彼女が財布をなくしてしまった。お金をくれないか」と話しかけられましたが、それが3回もありました(苦笑)。

-トロントの治安について-

の治安や評判

田舎町ということもありかなり治安はいいです。
夜1人で歩いていても危険を感じることはありませんでした。そもそも、ここに住んでいる住民は皆さん車で移動しているので時間帯問わず歩いている人が少ない印象です。
車をもっていない人はバスを利用することになりますが、バスを使用してるのも学生が中心で安心して乗れます。
また、ケロウナの人々はとてもフレンドリーなのでアジア人だとしても差別されることもなく安心して暮らすことが可能です。

-ケロウナの治安について-

の治安や評判

とても良かったです。私が住んだ地域が海辺でとても穏やかな環境で、移民が多いからか地元のかたも移民、留学生に対してもあたたかい対応でした。
夜飲みに出ても危険を感じたことを感じたり、喧嘩などを見た記憶もありません。
バンクーバー内の他の地域も暴力事件、殺人事件、窃盗事件などの報道を聞くことが本当に少なかったです!

-バンクーバーの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア