オーストラリアへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

オーストラリアへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
オーストラリアの永住・海外移住

オーストラリア連邦は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国です。

イギリス連邦加盟国で、英連邦王国の一国となっています。日本での略称は豪州(ごうしゅう)です。

総面積は世界第6位で、近隣諸国としては、北にパプアニューギニア・インドネシア・東ティモール、北東にソロモン諸島・バヌアツ、東はトンガ・ニューカレドニア・フィジー、南東2,000km先にニュージーランドがあります。

オーストラリアは、コアラ、カンガルー、ポッサムなどの有袋類やカモノハシ、ハリモグラなどの単孔類、エミューに代表されるように、地理的隔離と気候の多様性が生んだその生態系は非常に個性的です。

森林率は19%であり高山植物から熱帯雨林まで様々な植物の自生地帯が存在しますが、大陸の大半は砂漠とステップ(半乾燥帯)で占められます。

オーストラリア住民の80%以上がヨーロッパ系の白人で、その他にアジア人が約12%、アボリジニなどが約2%となっています。

また、移民は全体の約2割を占め、出身国はイギリス、ニュージーランド、中国、インド、イタリア、ベトナムが多いです。

オーストラリアの基本情報

オーストラリアへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にオーストラリアに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 24243600
面積(平方km) 7692024
人口密度 2.8
通貨 オーストラリア・ドル
通貨単位 AUD

日本とオーストラリアの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、オーストラリアへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 0.6AUD 53円 24円 220.9
牛乳(1L) 2.1AUD 191円 218円 87.5
牛肉(1kg) 27AUD 2512円 2620円 95.9
豚肉(1kg) 20AUD 1860円 2260円 82.3
鶏肉(1kg) 14AUD 1302円 1350円 96.5
じゃがいも(1kg) 3AUD 277円 316円 87.7
トマト(1kg) 5.5AUD 510円 673円 75.7
オレンジ(1kg) 4.5AUD 417円 498円 83.7
米(1kg) 2.8AUD 260円 396円 65.8
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) 4AUD 372円 189円 196.9
コーラ(350cc) 0.8AUD 70円 66円 105.7
ビッグマック(1個) 7AUD 647円 401円 161.2

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) 3.6AUD 335円 730円 45.9
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) 1.2AUD 115円 132円 87.3

オーストラリアの永住者数

オーストラリアへの永住を考えている方は、現在、オーストラリアにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 36113
永住者数(人) 45868
在留日本人総数(人) 81981

【体験談】オーストラリアの治安は良いの?悪いの?

オーストラリアに住んでいる方の声

の治安や評判

基本的に市内どのエリアも治安が良く安全に暮らせる。
特に市のCBDと呼ばれる中心地やCBDから東のエリア(サウスバンク、サウスヤラ)は高級住宅街となっており治安が良い。大通りであれば夜間歩いていても比較的安全である。一方、西のエリア(フツクレイ)は低所得者層向けの住宅街であり治安が悪く、夜間は地元の人も訪れるのを躊躇う。

-メルボルンの治安について-

の治安や評判

語学留学生として、20代前半の頃ブリスベンに住んだ経験があります。ヨーロッパ系やアフリカ系、フィージーなどの島国出身の方々も多く暮らす街でした。滞在中、治安について不安に思ったことは一度もなく、安全に楽しく過ごせました。週5日バスで通学し、友人と食事をして夜遅くバスで帰宅することも何度かありましたが、危険な目に遭ったり、不安に感じたことはありませんでした。街も汚れているところはなく、乗り物や飲食店、施設などの利用も快適でした。

-ブリスベンの治安について-

の治安や評判

それまで海外に一度も行ったことがなく、海外と言えば盗難が多いというイメージでしたが、リュックのファスナーが空いて過ごしてしまっていても何も取られることはありませんでした。逆に空いてるよと注意してくれたこともあります。
人は全体的に優しいですが、一部の人は外国人に冷たいと思いました。リュックが少し当たってしまっただけで、ものすごい勢いで押してきたり、レジで戸惑っている時も押してきて、文句を言われました。どの時も現地の知り合いの方が一緒にいてくれたので、サポートをしてくれかばってくれましたが、一人だと怖いと思いました。

-パラマッタの治安について-

の治安や評判

基本的に治安は良いほうだと思います。オーストラリアの他の大都市に比べると日本人は少ない方ではありますが、とはいえ日本人も生活していますし、日本人向けの医療通訳サービスなどもあったり生活はしやすく現地のオーストラリア人もおだやかでおおらかな性格の人が多いため、言葉が通じなくても助けてくれる人も多いです。また、オーストラリア人だけでなく中国人やその他のアジア地域出身の住人も多いので生活にはなじみやすいのではないかと思います。ですが、一つ気をつけないといけないことは、他のオーストラリアの大都市とは違い、アボリジニ(原住民)がいるということです。パースに住んでいるアボリジニたちは常にお酒の瓶を持ってふらふらしている人も多いです。夜中一人で暗いところを出歩いたりということは少し危険かもしれません。

-パースの治安について-

の治安や評判

日本人は比較的少なく、街全体的に見てもアジア人は少ないため目立つ方である。20年くらい前までは歴史的遺恨が残るため高齢の方に日本人嫌いがあったとのことで危険な時もあったようだ。現在はオーストラリア国内の主要都市においても比較的安全な都市である。一部の地域ではまだアボリジニの人たちとの確執やティーンエージャーによって治安の悪化が見られる部分もあるが、全体的にみてスリや盗難、犯罪にあう頻度は少ない。

-パースの治安について-

の治安や評判

中心街はオーストラリア人ではなく、ワーキングホリデーや旅行者で溢れているので、昼も夜も普通に過ごす分には安全だと思います。昼はスエットで歩き回って、夜はバッチリ決めて街に繰り出すという生活をしている人が多いです。高層マンションにも、住んでいるのはルームシェアしている人ばっかりで、一時的な滞在者が多いので、現地の人からすると逆に治安が悪く思うのかもしれません。

-シドニーの治安について-

の治安や評判

CBDといってシティの中心部は中華街や韓国人が多く住む区域があり、白人というよりもアジア人が多く住んでいます。アメリカといわれると黒人は少ないですが夜遅くはちょっと治安の不安を感じます。昔からレッドファーンの駅の方は危険だと言われています。実際、昼間も栗を使っていそうなおかしな行動をする人を見かけました。私はボンダイジャンクションというエリアに住んでいましたが治安は良かったです。ただ、オーストラリア人は早寝早起きなので遅い時間帯は人通りが少なくなるので、女性の一人歩きはお勧めできません。

-シドニーの治安について-

の治安や評判

早朝、夜遅くにビーチの周りを一人で何度も散歩しましたが、とても安全でした。住民の人に「Hi」と声をかけられたり、目が合うと挨拶したり、場合によっては、「あなた日本人?私、今日本語勉強しているの!」と話しかけられたり、皆とてもフレンドリーでのんびりとした雰囲気でした。大都市だと、危ない事件などを耳にしますが、そのような事件などに巻き込まれるような事は一切ありませんでした。

-ゴールドコーストの治安について-

の治安や評判

陽気で明るい人が多く親日家な人も多いが、中学生や高校生くらいの年代の中にはアジア人に偏見を持つ人も多く、仲間と面白半分でちょっかいを出してくることも多い。街を歩いている時にすれ違いざまに汚い言葉を投げかけられることや、生卵をぶつけられる、水鉄砲で水をかけられるというようなことがよくあるため、若者のグループがいれば避けるように注意が必要。

-ゴールドコーストの治安について-

の治安や評判

とにかく治安は良い。
日本人が多いので、安心して過ごすことができる。
観光業が盛んで旅行者が多いが、治安が悪化するといった影響は無い。
そのお国柄なのか、信号無視をする歩行者が多いので、交通の面では、素晴らしい治安と言うことは出来ないかもしれない。
基本的にイギリス英語だが、アメリカ英語でも問題なく過ごすことは出来る。

-ケアンズの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア