オーストラリアへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

オーストラリアへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
オーストラリアの永住・海外移住

オーストラリア連邦は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国です。

イギリス連邦加盟国で、英連邦王国の一国となっています。日本での略称は豪州(ごうしゅう)です。

総面積は世界第6位で、近隣諸国としては、北にパプアニューギニア・インドネシア・東ティモール、北東にソロモン諸島・バヌアツ、東はトンガ・ニューカレドニア・フィジー、南東2,000km先にニュージーランドがあります。

オーストラリアは、コアラ、カンガルー、ポッサムなどの有袋類やカモノハシ、ハリモグラなどの単孔類、エミューに代表されるように、地理的隔離と気候の多様性が生んだその生態系は非常に個性的です。

森林率は19%であり高山植物から熱帯雨林まで様々な植物の自生地帯が存在しますが、大陸の大半は砂漠とステップ(半乾燥帯)で占められます。

オーストラリア住民の80%以上がヨーロッパ系の白人で、その他にアジア人が約12%、アボリジニなどが約2%となっています。

また、移民は全体の約2割を占め、出身国はイギリス、ニュージーランド、中国、インド、イタリア、ベトナムが多いです。

オーストラリアの基本情報

オーストラリアへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にオーストラリアに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 24243600
面積(平方km) 7692024
人口密度 2.8
通貨 オーストラリア・ドル
通貨単位 AUD

日本とオーストラリアの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、オーストラリアへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) 0.6AUD 53円 24円 220.9
牛乳(1L) 2.1AUD 191円 218円 87.5
牛肉(1kg) 27AUD 2512円 2620円 95.9
豚肉(1kg) 20AUD 1860円 2260円 82.3
鶏肉(1kg) 14AUD 1302円 1350円 96.5
じゃがいも(1kg) 3AUD 277円 316円 87.7
トマト(1kg) 5.5AUD 510円 673円 75.7
オレンジ(1kg) 4.5AUD 417円 498円 83.7
米(1kg) 2.8AUD 260円 396円 65.8
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) 4AUD 372円 189円 196.9
コーラ(350cc) 0.8AUD 70円 66円 105.7
ビッグマック(1個) 7AUD 647円 401円 161.2

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) 3.6AUD 335円 730円 45.9
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) 1.2AUD 115円 132円 87.3

オーストラリアの永住者数

オーストラリアへの永住を考えている方は、現在、オーストラリアにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 36113
永住者数(人) 45868
在留日本人総数(人) 81981

【体験談】オーストラリアの治安は良いの?悪いの?

オーストラリアに住んでいる方の声

の治安や評判

治安は比較的に良いほうだと思います。夜でも中心地では人通りが結構あり、大通りなとを歩く分には一人でも全然大丈夫です。メルボルン郊外などを一人で歩く分には気を付けたほうがいいかもしれません。事件もそんなにはないほうだと思います。ただし変な人というのはどこにでもいるので、ちょっとこの人は危ないかもと感じる人が自分の方向に向かってきたら避けながら逃げたほうがいいかなと感じる時もたまにあります。

-メルボルンの治安について-

の治安や評判

世界で住みたい街としても有名なメルボルンですので、治安は良いと言えると思います。シドニーのようにアボリジニの争いや発砲騒ぎなども経験しませんでした。夜中に女性だけで歩いたこともありますが、中心部でもそれほど怖いという感覚はなかったです。そうは言っても日本とは違うので、気をつけることは必要だとは思います。トラムが主流の街ですが、安心して利用できました。

-メルボルンの治安について-

の治安や評判

オーストラリア全体としても治安がいいうえ、都市部でおよそ180の国と地域の出身者・ルーツを持つ人たちが暮らす多国籍な都市ではあるが文化的、宗教的なちがいがあっても他人を尊重しあえる人々が多く暮らしていると思った。またトラム(路面電車)やバス、電車などの交通機関も総じて利便性が高い分、利用者は多いが電車内や駅構内にもつねにセキュリティスタッフが複数人見回りをしており安心感がある。夜遅くに出歩いていても市内中心部であれば基本的に人通りも多く、飲食店も深夜まで営業しているので(コロナウイスス蔓延以前のはなし)安全ではある。

-メルボルンの治安について-

の治安や評判

治安はとても良いと思います。銃は合法化されていませんし、ニュースでは殺人事件もありますが、多く目についたのは動物との接触事故や、山火事の話題でした。深夜、犬の散歩で外に出る人もいましたが、暗く前が見えないので、どちらかと言えば早朝に多く人がいたと思います。すれ違う人に挨拶をして、少し立ち話をしたりと、穏やかな環境でした。

-メルボルンの治安について-

の治安や評判

ブリスベン は夜の外出も電車やバスを使用して出歩くことも問題なく出来ますし、夜遅くにバーへ飲みに行ったりクラブで明け方になっても安心して帰路につくことが出来ます。
街中でスリやひったくりにうこともないので安心して歩くことが出来ます。
自分の近辺では薬や麻薬の話を聞くこともなかったので比較的日本の治安に近い形で滞在することができるのではないかと思います。

-ブリスベン の治安について-

の治安や評判

治安は日本程良くないが、女性一人で旅行も全く問題ないです。
昼間は日本と同じくらい安全に感じますが、スリなどの軽犯罪は多いと思います。席を離れる時にカバンを置きっぱなしにしない、ズボンのポケットやカバンの外側のポケットに財布を入れないように気をつける必要があります。
人通りの少ない道を夜女性一人で通るのはやめておいた方がいいです。

-パースの治安について-

の治安や評判

市内はほかの海外都市に比べれば治安はいい方だと思います。
昼間は一人でどこにでもいけるし、バス、電車も問題なく利用できます。
ただ、パースには先住民族のアボリジニの方が多く住まれていて、その方達が昼間からドラックやタバコまたは大麻をやっていて怖い雰囲気はあります。
路上でタバコを吸っていると、必ずどこからか現れて1本分けてくれと話しかけられます。
アボリジニの方は通常のオーストラリア人より一回りはガタイがよく女性からしたら、圧迫感があるので何かされないためにも素直にあげるのが賢明です。
パース市内にあるノースブリッジエリアは飲み屋など夜遅くまでやっている店舗が多く、週末は若者が集まって騒がしいです。また、週末の朝になると夜飲んで騒いだ形跡が残っていてとても汚いです。

-パースの治安について-

の治安や評判

日本の都市部と同じぐらいの治安だと思った。現地の人もみんな優しく接してくれた。ただし、海外なので荷物をしっかり管理することなどは必須である。また、原住民のアボリジニとの接触には気を付けるようにと言われていた。普通に街中で見かけるのだが、バスに無賃乗車(認められているのかは不明)している場面もよく見かけたし、少し近づくのが怖いなと思った。

-パースの治安について-

の治安や評判

東京近郊に比べると、場所によってはホームレスの人たちとすれ違ったり話しかけられることもありますが、基本的には夜遅すぎる外出やひとりで人気のない路地に入っていかなければ危険なことはありません。繁華街の夜には、私服警官が麻薬犬を連れて取り締まっています。飲食店では泥酔している人は、店員に出されてしまうので周りの人が迷惑する機会も少ないです。

-シドニーの治安について-

の治安や評判

シティでは殺人事件や傷害事件などが多々ありました。大使館の情報によると、日本人が巻き込まれたケースも年に数回はあるようです。また、中華街なら中国人、などのように一部の国籍の方が集まっている地域というのが各地にあり、そこは特に治安が悪く、ニュースでもそういう地域でのニュースをよく見かけていたため、できるだけ近寄らないようにして過ごしていました。

-シドニーの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア