ドイツへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

ドイツへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
ドイツの永住・海外移住

ドイツの基本情報

ドイツへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にドイツに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 82670000
面積(平方km) 357121
人口密度 228
通貨 ユーロ
通貨単位 EUR

日本とドイツの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、ドイツへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

ドイツの永住者数

ドイツへの永住を考えている方は、現在、ドイツにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 28269
永住者数(人) 9124
在留日本人総数(人) 37393

【体験談】ドイツの治安は良いの?悪いの?

ドイツに住んでいる方の声

の治安や評判

私がミュンヘンに住んでいたのは2018/04~09まででその間に夜二時過ぎに一人で中央駅から40分かかる家まで歩きで帰ったこともありますが暗くて少し怖いだけで人に対して恐怖は感じず、また貴重品を盗まれたことも一度もないので治安は良いと思います。ただ町の中心には物乞いがちらほらいます。彼らは近寄ってくるだけで暴力などはいままでふるわれたことはありません。
ミュンヘンは発展していて都会ですが予想より平和なところでした。

-ミュンヘンの治安について-

の治安や評判

治安に関してはかなり良いと思います。ドイツの中でも特にミュンヘンは現在深刻な住宅難に陥っており、ここ6〜7年で家賃も1.3〜1.5倍になっております。そのため富裕層が多く、低所得者が住みにくくなってきています。その影響からか盗難などの被害も比較的少なく、街も綺麗です。ただ一部はまだ危険と言われる地域もありますが、危険という程ではないように感じます。

-ミュンヘンの治安について-

の治安や評判

ミュンヘンは自然が多く、車道・歩道・自転車道と別れています。ヘルメットを被って基本的には自転車に乗るのが一般的です。夜、親子で歩いていても安心なので治安はよいです。子供連れだと子供にとても優しいので、電車内でも声かけてくれますし人々が穏やかな印象を受けました。親切な方も多いのでミュンヘンは食べ物もマルクトで購入し、新鮮な物が多々あるので美味しいです。

-ミュンヘンの治安について-

の治安や評判

ブレーメン自体が観光地であるため、観光客が非常に多いです。観光地とされる中心街は比較的落ち着いており、小さな小道でアコーディオンの演奏が聴けるような環境です。ただし、駅周辺に関してはあまり治安が良くなく、物乞いの方が多い印象です。バスを待っている最中にもたばこをねだられたり、お金を要求してくる方に遭遇することも多いです。

-ブレーメンの治安について-

の治安や評判

駅周辺は治安がよくありません。注射器等が落ちている光景はよく目にしましたし、浮浪者や物乞いの方も大変多いです。オフィスビルが立ち並ぶ場所や、マイン川沿いは非常に気持ちのよい場所で、ドイツの中でも比較的スーツを着た方々が多いイメージでした。デュッセルドルフに次いで、日本人も多い印象です。大聖堂の周辺や観光地は比較的綺麗で穏やかです。

-フランクフルトの治安について-

の治安や評判

2ヶ月弱、語学研修で寮に住んでました。
当時は移民の問題が浮上する前で、学生の街といった雰囲気で、治安は良かったです。若かったので、夜の街に遊びに行き、散々、はしゃいで呑んだ後、同じ寮のイタリア人2人と固まって、帰ったけども、無事に帰れました。ただ、人気はなく真っ暗でしたが。日本のようにコンビニやたくさんの街灯はありませんでした。

-ハイデルベルクの治安について-

の治安や評判

工業地帯で、何もないという印象ですが、駅周辺は必要最低限のものが揃っており、町もとても活発な印象を受けます。治安はあまりいいとは言えません。駅周辺にも少々印象のよろしくない方々が座り込んでいる印象です。中心街はショッピング通りになっており、にぎやかです。スリが多いという情報をやたら耳にする町でした。

-ドルトムントの治安について-

の治安や評判

日本人駐在員が多いデュッセルドルフでは、日本のお店も多く日本人学校もあり、小学生が1人で歩いても問題ないくらい治安はいいです。
ただ、私が体験したのアラブ系の同じ小学生くらいの年齢の男子にバスの中で唾をかけられた経験があります。それはもう20年ほど前のため今はまた少し変わっているかと思いますが、黄色人種への差別という面ではまだ少しあるのかもしれませんが、ドイツは日本に対して友好的なので、それ以外の多国籍の人と遭遇した時にそういったことが発生するかもしれません。

-デュッセルドルフの治安について-

の治安や評判

治安は比較的よく、日系企業も多いです。アジア人も多く住んでおり、デュッセルドルフのインマーマンは日本人街とも呼ばれています。近年はドイツ全体として、移民が増えた印象が強く、その分治安も悪化したように思います。休日等はデモも多くみられました。夜間はさすがに一人で町を歩くことはできません。ビール瓶片手にふらふらと歩いている方もいます。

-デュッセルドルフの治安について-

の治安や評判

日中は、さほど危険を感じないエリアですが、夜になると中央駅周辺の特にEllerstrasse, Worringer platz付近は移民通りでもあるので、スーツをきて歩くことはおすすめしません。日本人駐在員が多い地区なので、お金を持っているというイメージがあります。凶悪犯罪は、あまり聞きませんが、店や通りでの窃盗強盗はとても多いです。

-デュッセルドルフの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア