スイスへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

スイスへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
スイスの永住・海外移住

スイス連邦、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。首都はベルン。

ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれています。

国際通貨基金によると、2013年のスイスのGDPは6508億ドルで、世界第20位。同年の一人当たりのGDPは81,323ドルで、世界でもトップクラスの水準です。

また、スイスには中世からの銀行業の歴史があり、多数の金融機関があります。UBS、クレディ・スイスなど、日本に進出している銀行もあります。

スイス銀行と言われる個人銀行は、顧客の情報の守秘義務に関して国際的に有名で、刑事事件が起こっても、原則として顧客の情報は外部に漏らさないことで知られています。そのため、マネーロンダリングの中継地として、しばしばスイス銀行の口座が使われることがあります。この秘密主義の方針は、しばしば世界的な批判の的となっています。

スイスの基本情報

スイスへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にスイスに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 7870000
面積(平方km) 41290
人口密度 190
通貨 スイス・フラン
通貨単位 CHF

日本とスイスの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、スイスへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

スイスの永住者数

スイスへの永住を考えている方は、現在、スイスにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 5151
永住者数(人) 4719
在留日本人総数(人) 9870

【体験談】スイスの治安は良いの?悪いの?

スイスに住んでいる方の声

の治安や評判

首都(ベルン)ほど都会ではないのですがスイス内では大きな都市のひとつになるため、欧州系の人間だけでなく移民の方も多く行き来しています。
市内にはオリンピック委員会をはじめいろいろな主要機関があるため、欧州全体と比較すればかなり治安のいい国、町だとは思うのですが、もちろん日本人の感覚ではある程度の注意が必要な部分もあります。
9時以降は女が一人で出歩くなと現地の人間からも言われることと、何線も入るようなバス停では薬の売買の取り締まりが頻繁に行われており、また電車やバスの中で小さなスリは珍しくないようです。
ただ現地の警察は巡回などきちんと動いているので、旅行で訪れられるぶんには、きちんと閉まる鞄を使いしっかりと身に着けて持つ、貴重品を不用意に外部から晒された場所(カフェの机の上など)に置かない、などその程度のことを気を付けていただければ、身の危険があるとは思いません。4年住みましたが、小さなスリをされた他は滞在に危険を感じたことはありません。

-ローザンヌの治安について-

の治安や評判

治安は日本と同じくらいよかったです。少しくらい荷物を置いたまま席を立っても置き引きされたことはなかったし、電車で寝ていても鞄など盗まれるような心配もありませんでした。凶悪犯罪などもほとんどありません。夜の繁華街では、薬物のやりとりなどあるようですが、夜にそのような場所をうろつかなければ特に怖い思いをすることはありません。

-ローザンヌの治安について-

の治安や評判

学校(インターナショナルスクールや大学)とスキー場の街なので、基本治安は素晴らしく良いです。唯一少し不安があるとしたら大学生同士が酔っ払って喧嘩をしているのを二度ほど見ました。住んでいる期間3年のうちに二度なので、頻度はかなり低いです。スリなどもレザン内では経験したことがありません。近場のローザンヌでは1度経験しました。

-レザンの治安について-

の治安や評判

山奥の田舎リゾート地で治安はとても良いです。家の鍵をかけ忘れてもまず問題がないので、日本よりも治安は良いぐらいだと思います。ただ、世界的有名な観光地なので、スリ被害は時々有りました。私自身もそのリゾート内のスーパーでスリに遭った事が有ります。とはいえ、脅されて取られるパターンは有りませんので、貴重品をしっかり気を付けて持っていれば殆ど問題は有りません。(私がスリに遭ったのは自分の不注意でも有ります)夜道も女性1人で歩いても問題有りません。

-グリンデルワルトの治安について-

の治安や評判

治安はかなり良いと言えます。夜道も殆どの場所で、女性一人歩きが出来ます。
中央駅周辺は夜遅い時間だと少し注意するように言われますが、駅が危ない訳ではありませんので、必要であれば、私も夜駅に行くことはあります。
とりあえず駅での事件も聞いたことがありませんし、現地の人に聞いても問題ない、と言います。
恐らく夜にはちょっと変わった人が駅構内に居るからだと思います。
しかし1つ問題はスリや盗難です。
スイスは観光国なので、スリのプロ集団が観光場所や駅などに出没しているようです。
貴重品は自分で意識して守るようにしてください。
凶悪なスリは居ませんので、自分でしっかり鞄を持っていれば大丈夫です。リュックサックの場合は、荷物をたくさん入れて財布は一番下の方に入れるとか、簡単に摂られない工夫をして持ってください。
残念ながらスリ被害については、実害も幾つか聞いたことが有りますので、要注意です。

-ベルンの治安について-

の治安や評判

スイスはものすごく治安の良い国です。チューリッヒはスイスで一番の都会ですが、治安は良かったです。繁華街も少なく、夜はひっそりしていますが、怪しい人や痴漢などの噂はほとんど聞きませんでした。ただ、乞食や物乞いは思いのほか多く、駅やバスターミナルで待っていると、物乞いが来て、お金をねだってくることも多々ありました。

-チューリッヒの治安について-

の治安や評判

永世中立国ということもあってか、ヨーロッパの中でも治安はいい方だと思います。ただ、重犯罪は少ないようだけれど、スリや盗難、空き巣などの軽犯罪はとても多いです。特に中心地であるコルナヴァン駅周辺は気をつけていないと、現地の人でも被害に遭うことがあります。アパートは基本的にエントランスがオートロックのところがほとんどです。

-ジュネーブの治安について-

の治安や評判

スイスは世界一安全なくにといわれていますが、それは戦争やテロが一番起きにくいという意味で、治安がいいとはまた別問題です。結論から言うとあまり治安はよく有りません。町にはよくスリや引ったくりのプロ集団がいて、日本人などはよくターゲットにされます。これはヨーロッパ全体にいえることなので、気をつけるべきだと思います。

-ジュネーブの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア