イタリアへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

イタリアへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
イタリアの永住・海外移住

イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国。

総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバルと称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属します。

イタリアは文化・経済ともに先進国で、ユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国です。

イタリア国内は気候、土壌、高度が地域差に富んでいるため、旧来さまざまな農作物の栽培が行われています。

ポー平原を中心に半島全体で冬小麦を産し、半島南部沿岸で野菜と果物が採れます。

また、イタリアは世界有数のワイン生産国で、オリーブとオリーブ・オイルの生産量も多いです。

酪農も主要な産業で、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ・レッジャーノをはじめ約50種類のチーズが生産されます。

イタリアの基本情報

イタリアへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にイタリアに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 59870000
面積(平方km) 301230
人口密度 -
通貨 ユーロ
通貨単位 EUR

日本とイタリアの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、イタリアへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

イタリアの永住者数

イタリアへの永住を考えている方は、現在、イタリアにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 9128
永住者数(人) 4273
在留日本人総数(人) 13401

【体験談】イタリアの治安は良いの?悪いの?

イタリアに住んでいる方の声

の治安や評判

山間部にある所謂田舎な、外国人学生街に住んでいました。治安は悪くはありませんが、外国人ばかりということもあり、あくまで自己防衛をしていればの大丈夫です。同じ場所に同じ浮浪者が金銭を乞うているのは見かけますが、近寄らなければ大丈夫です。夜は食事に出かけることがありますが、まず一人では出歩きませんし、路地に入らず、ふらふらせず、目的地へまっすぐに進み、荷物もしっかり持っていればすられることもありませんでした。日本よりも薄暗く、道が狭く、連れ込み放題隠れ放題の国です。以前、人とすれ違う時に、わざとかと思うほどぶつかってきた男性がいましたが、信じられないほどにぶつかった腕が柔らかくて力が入っておらず、目が虚ろで一瞬で薬を摂取しているとわかりました。別日には、日中に5本ほど注射器が入っているケースをいじっている男性が道ばたに普通にいらっしゃるのを見かけました。その男性は、その後警察官に職務質問されていました。日本に居る時よりもしっかりと自己防衛をしていれば、大丈夫です。治安もわりといい方かと思います。

-ペルージャの治安について-

の治安や評判

中心地は観光客が多いので、いつでも沢山の人で賑わっています。
お店が閉じる時間後も、世界遺産の街並みを散歩している人が多いので、女性一人でも大丈夫です。
ただ、大聖堂の辺りはジプシーが多く、大声で馬鹿にされたり、ひったくりの被害も出ています。
郊外に行きますと、住宅街でとても静かです。ただ、北のほうのカッシーネ公園周辺は薄暗く、夜はいかないほうが良いです。気を付ける場所だけ行かなければ、総じて治安は良いと思います。

-フィレンツェの治安について-

の治安や評判

この街で目立つのは、インド系の観光客へのぼったくり系や、案内してお金を請求する形のもの。主要な鉄道や地下鉄の駅前にいます。路線図を見ていると親切そうに、何処に行きますか?と英語や日本語で話しかけて来ます。すると、ついて行ってあげる、といい、切符を1枚買ってと頼まれ、なんとそれで自分と案内人の二人で乗車します。着いたらここで降りて、と切符は案内代として取られ、キョトンとしてしまいました。駅員に話したら、よくある事のようで、この時は罰金等も無く下車できました。声をかけてくる人間に着いて行ってはダメですね。勉強代1ユーロ。

-ミラノの治安について-

の治安や評判

世界遺産と美しいビーチ、そしてマフィアで有名なシチリアの年ですが、実際はインド・アラブ系の貧民による盗難被害が多いです。携帯電話・バッグのひったくりなど。夜中に裏道を歩くと、間違いなく被害にあいます。東洋人はまず金持ちと見なされ、中国人だろうが日本人だろうが目立つので要注意です。世界遺産の目の前の賑やかなカフェ で、隣の席のヨーロッパ人がバッグを奪われましたが、それは椅子に置いていたから。リュックは前に、ショルダーは首にかけて、と、肌身離さず持っていれば防げるレベルではあります。

-パレルモの治安について-

の治安や評判

日中はさほど治安が悪いようには思えません。でも夜になると雰囲気が一変します。東洋人はお金持ちというのがイタリアでの認識なので、盗難やひったくりの被害が絶えません。イタリアの犯罪の特徴は盗難が多いと思います。怪我をさせたり殺したり、という事件はアメリカよりよほど少ないかと。でも危険なことは危険なので、夜間の移動は必ずタクシーや知人の車で。

-ナポリの治安について-

の治安や評判

イタリアのシチリアといえば、マフィアが有名だが、ここはシチリア西部に位置しており、都会ではないのでのんびりしている。夜も街歩き可能だが一人歩きは要警戒。イタリアは、窃盗などが多いのでそれなりの警戒は必要だが、バックをイスに置きっぱなしにしないなど当たり前の警戒レベルで大丈夫な程の治安の状態である。ただ、有色人種はアラブ、アフリカ系は警戒必要。

-トラパニの治安について-

の治安や評判

基本的に夜に女性一人で出歩かないほうがいいです。メストレ駅の周辺は特に治安が悪く、夜11時以降になると怪しい人がうろうろしている状態です。Piazza Ferretto内はそこまで怪しい人は見ませんが、注意が必要です。Via PiaveやVia Cappuccinaも夜遅くには移民の方が多く、危ない雰囲気を感じます。

-メストレの治安について-

の治安や評判

北イタリアの町の中では、都会のためか少々治安が悪いように感じられます。中心駅の周辺やVia Padovaを代表として移民の方が多く住んでいる地域は夜一人では歩かないようにしてください。スリや痴漢などの被害をよく聞きます。また、男性の方でも夜に道端やATMの付近で襲われたという被害も聞きますので注意が必要です。

-ミラノの治安について-

の治安や評判

ベネチア本島の治安は比較的いいです。ただ、観光客を狙ったスリやぼったくり被害は頻繁にあるので注意が必要です。夜も観光客の方が多いため比較的安全ですが、夜分移民の方に襲われたという被害も聞きますので要注意です。スリは水上バス内やSanta Lucia駅、Piazzale Roma周辺で特に注意が必要です。

-ベネチアの治安について-

の治安や評判

外出中は、常に「安全」を意識して歩く必要があります。それほど心を許してはいけない街です。イタリア人というより、外国人に気をつけるべきだと思います。アジア人というだけで、リッチな印象で狙われる対象に入ります。人気のない道は歩かないことや、夜はなるべく一人で外出しないことが基本です。外国人観光客を襲った残酷なニュースはあまりないですが、盗みや詐欺などは日常茶飯事。観光施設での写真撮影や食事の時など、常に持ち物を守ることが肝心です。

-フィレンツェの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア