イタリアへの永住・海外移住【条件や費用など】|永住マップ

イタリアへの永住・海外移住

海外移住する方法や費用、各国の条件など
イタリアの永住・海外移住

イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国。

総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバルと称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属します。

イタリアは文化・経済ともに先進国で、ユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国です。

イタリア国内は気候、土壌、高度が地域差に富んでいるため、旧来さまざまな農作物の栽培が行われています。

ポー平原を中心に半島全体で冬小麦を産し、半島南部沿岸で野菜と果物が採れます。

また、イタリアは世界有数のワイン生産国で、オリーブとオリーブ・オイルの生産量も多いです。

酪農も主要な産業で、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ・レッジャーノをはじめ約50種類のチーズが生産されます。

イタリアの基本情報

イタリアへの永住を考えている方が、まず気にするのはその地域の治安です。

永住する際の条件や費用なども重要ですが、やはり、住むとなったら安全な地域が一番です。

永住マップでは、実際にイタリアに住んでいる方の声と、移住する際に必要な条件や費用などを掲載しています。

海外移住を検討している方は、当サイトを参考にしてみてください。

人口(人) 59870000
面積(平方km) 301230
人口密度 -
通貨 ユーロ
通貨単位 EUR

日本とイタリアの物価比較

また、日本と海外では物価が違うことがほとんどです。

そのため、イタリアへの移住した場合、物価がどのくらい違うのかを比較できるよう、様々なものの価格をまとめました。

食べ物/食料品

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
卵(1個) - - 24円 -
牛乳(1L) - - 218円 -
牛肉(1kg) - - 2620円 -
豚肉(1kg) - - 2260円 -
鶏肉(1kg) - - 1350円 -
じゃがいも(1kg) - - 316円 -
トマト(1kg) - - 673円 -
オレンジ(1kg) - - 498円 -
米(1kg) - - 396円 -
小麦(1kg) - - 237円 -
ビール(350cc) - - 189円 -
コーラ(350cc) - - 66円 -
ビッグマック(1個) - - 401円 -

交通/インフラ

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
バス(初乗り) - - 210円 -
タクシー(初乗り) - - 730円 -
電話(公衆電話/1分) - - 20円 -

サービス

商品 現地価格 円換算価格 日本価格 対日本価格
液晶カラーテレビ - - 48810円 -
乗用車 - - 3117431円 -
ガソリン(1L) - - 132円 -

イタリアの永住者数

イタリアへの永住を考えている方は、現在、イタリアにどのくらいの日本人が住んでいるのか気になるのでは無いでしょうか?

そこで、長期滞在者数、永住者数などをまとめてみました。

長期滞在者数(人) 9128
永住者数(人) 4273
在留日本人総数(人) 13401

【体験談】イタリアの治安は良いの?悪いの?

イタリアに住んでいる方の声

の治安や評判

イタリアで一番治安が悪いのはナポリで有名ですが、ローマも同等に治安が悪いです。駅構内は昼夜男女問わず一人で歩くのは危険です。中央駅はトップレベルで危険な場所です。ジプシーがうろうろしていますし、気がついたら鞄から財布やスマホがなくなっていたという程、まるで魔法のようにすられます。また街中はお世辞にも綺麗とは言えません。「永遠の都」という名にそぐわぬほどゴミであふれています。

-ローマの治安について-

の治安や評判

治安が良いとは言えません。やはり大都市なので国籍様々な方が住んでいます。なので、移民の方、ジプシーも多く、公共交通機関等を利用する際には厳重な警戒が必要です。スリはプロです。知り合いで被害に合ったと聞くのは数人ではありません。また金銭を目的として夜道では襲われることもあるため、私は大丈夫と思わず、住んで慣れ親しんでも常に気を張っていなければなりません。

-ミラノの治安について-

の治安や評判

はっきり言ってよくないです。ジプシーが多く、ファーストフード店のテラス席で食事をしていると、ジプシーの子供が勝手に食べ物を奪って逃げたり、祭りなどで人がごった返しているとスリにあいます。私が住んでいた時、夜、男女で歩いてたら、男性が襲われ、女性のカバンを強奪するなどの事件があったそうです。男性だけで歩いていると、ジプシーの女が近寄ってきてお金をくれないかと言い寄ってきます。狙われるのは大抵外国人観光客です。また、町のあちこちに、大麻中毒の若者が、道行く人にお金を恵んで下さいと座り込んでいます。カバンや財布に気を付け、現地の人と同じような服装をして、夜はあまりで歩かず、昼間も人気の少ない場所を避ければ、暮らせないことはないです。

-ボローニャの治安について-

の治安や評判

かなり平和ボケした街です。日本の田舎のようにバーなどでバッグをソファの上においたまま誰も注意を向けていなくても盗られる心配がありません。大都市に住んだことがあれば拍子抜けしてしまう程の治安の良さです。バスの中で廊下に重い荷物をおいていてもこれまた誰も盗りません。車も比較的安全運転に徹していますし、事故が起きることも少なく感じます。

-ペスカーラの治安について-

の治安や評判

1年中観光客に溢れているので、夜の22時ごろに大聖堂の辺りを歩いていても、怖いなという感覚になることはありませんでした。すれ違う日本人も多く、ここはどこだ?と思ったことも多々あります。
駅前周辺はジプシーなどもいてちょっと近寄りがたい雰囲気はありますし、市場も人が多いのでスリに気をつけた方がいいかもしれませんが、一般的な感覚を持って行動していれば安全に過ごせる街だと思います。

-フィレンツェの治安について-

の治安や評判

トリノでは日本人はほとんど見かけませんので、普段着を着ていると、普通に住んでいるアジア系の人と思われるくらいなので、「日本人を見たらお金を持っている」という感じはありません。トリノはイタリノの北側なので、イタリアの中では安全な方だと、現地のイタリア人が言っていました。ローマに観光に1人で行きたいと、現地の同僚に話をしたら、治安が悪いし、スリが多いので、止めておいたらと言われました。
イタリア北側のトリノ、ミラノ辺りは、夜遅く、バスに乗って帰るのは、明かりが薄暗く、衛生面で汚い所もあったので、少し、男でも、注意していました。その時は、月単位で借りられる安いキッチンの付いたホテルに住んでいました。
冬の夜は霧が酷く、数メートル先も見えない状態で、街灯がそれほど明るい状態ではない上、人通りも少ないので、歩くのは用心が必要です。車で移動すれば安全かと言うと、道は細い所が多い、路駐は多い、運転は荒っぽいので、この面での治安には注意が必要です。食料品買い出しは英語が通じないので、多少のイタリア語は知っている必要があります。

-トリノの治安について-

の治安や評判

街自体が落ち着いた雰囲気で、治安も悪くないと思います。平日の夜はかなり人通りは少なくなりますが、あまり危険な感じはありません。逆に、週末は遅くまでたくさんの人で溢れていますが、酔っ払いなどに近づかなければ大丈夫です。中心地から少し外れた辺りでは治安の悪いところもありますが、観光客はまず行くようなエリアではないので、あまり気にする必要はないと思います。

-サレルノの治安について-

の治安や評判

山間部にある所謂田舎な、外国人学生街に住んでいました。治安は悪くはありませんが、外国人ばかりということもあり、あくまで自己防衛をしていればの大丈夫です。同じ場所に同じ浮浪者が金銭を乞うているのは見かけますが、近寄らなければ大丈夫です。夜は食事に出かけることがありますが、まず一人では出歩きませんし、路地に入らず、ふらふらせず、目的地へまっすぐに進み、荷物もしっかり持っていればすられることもありませんでした。日本よりも薄暗く、道が狭く、連れ込み放題隠れ放題の国です。以前、人とすれ違う時に、わざとかと思うほどぶつかってきた男性がいましたが、信じられないほどにぶつかった腕が柔らかくて力が入っておらず、目が虚ろで一瞬で薬を摂取しているとわかりました。別日には、日中に5本ほど注射器が入っているケースをいじっている男性が道ばたに普通にいらっしゃるのを見かけました。その男性は、その後警察官に職務質問されていました。日本に居る時よりもしっかりと自己防衛をしていれば、大丈夫です。治安もわりといい方かと思います。

-ペルージャの治安について-

の治安や評判

中心地は観光客が多いので、いつでも沢山の人で賑わっています。
お店が閉じる時間後も、世界遺産の街並みを散歩している人が多いので、女性一人でも大丈夫です。
ただ、大聖堂の辺りはジプシーが多く、大声で馬鹿にされたり、ひったくりの被害も出ています。
郊外に行きますと、住宅街でとても静かです。ただ、北のほうのカッシーネ公園周辺は薄暗く、夜はいかないほうが良いです。気を付ける場所だけ行かなければ、総じて治安は良いと思います。

-フィレンツェの治安について-

の治安や評判

この街で目立つのは、インド系の観光客へのぼったくり系や、案内してお金を請求する形のもの。主要な鉄道や地下鉄の駅前にいます。路線図を見ていると親切そうに、何処に行きますか?と英語や日本語で話しかけて来ます。すると、ついて行ってあげる、といい、切符を1枚買ってと頼まれ、なんとそれで自分と案内人の二人で乗車します。着いたらここで降りて、と切符は案内代として取られ、キョトンとしてしまいました。駅員に話したら、よくある事のようで、この時は罰金等も無く下車できました。声をかけてくる人間に着いて行ってはダメですね。勉強代1ユーロ。

-ミラノの治安について-

各国の移住条件や費用

北ヨーロッパ
アイスランド
オーランド諸島
グリーンランド
スウェーデン
スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
フェロー諸島
西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
イタリア
オランダ
ガーンジー
ギリシャ
サンマリノ
ジブラルタル
ジャージー島
スイス
スペイン
ドイツ
バチカン市国
フランス
ベルギー
ポルトガル
マン島
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
東ヨーロッパ
アゼルバイジャン
アルバニア
アルメニア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
クロアチア
ジョージア
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア
中東
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア・アラブ共和国
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
サンピエール島・ミクロン島
中央アメリカ
アメリカ領ヴァージン諸島
アルバ
アンギラ
アンティグア・バーブーダ
イギリス領ヴァージン諸島
エルサルバドル
キューバ
キュラソー島
グアテマラ
グアドループ
グレナダ
ケイマン諸島
コスタリカ
サン・バルテルミー島
サン・マルタン
ジャマイカ
シント・マールテン
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
タークス・カイコス諸島
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バハマ
バミューダ諸島
バルバドス
プエルトリコ
ベリーズ
BES諸島
ホンジュラス
マルティニーク
メキシコ
モントセラト
オセアニア
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
オーストラリア
合衆国領有小離島
北マリアナ諸島
キリバス
グアム
クック諸島
クリスマス島
サモア
ソロモン諸島
ツバル
トケラウ
トンガ
ナウル
ニウエ
ニューカレドニア
ニュージーランド
ノーフォーク島
バヌアツ
パプアニューギニア
パラオ
ピトケアン諸島
フィジー
フランス領ポリネシア
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
北アフリカ
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
スリナム
チリ
パラグアイ
フォークランド諸島
ブラジル
フランス領ギアナ
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
南アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モーリシャス
モザンビーク
レソト
インド洋地域
イギリス領インド洋地域
ココス諸島
コモロ
セーシェル
ハード島とマクドナルド諸島
フランス領南方・南極地域
マダガスカル
マヨット
モルディブ
レユニオン
南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ王国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス
中央アフリカ
ウガンダ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ナイジェリア
ニジェール
ブルンジ
ルワンダ
中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン
東アフリカ
エチオピア
エリトリア
ケニア
ジブチ
スーダン
ソマリア
タンザニア
南スーダン
西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
セントヘレナ
トーゴ
西サハラ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア
地中海地域
キプロス
マルタ
東アジア
大韓民国
台湾
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
香港
マカオ
モンゴル
南極
南極
ブーベ島
ロシア
ロシア